SILLY DIARYトップに戻る

SILLY DIARY 2003

03/12/29
<1年を振り返る> No70

今年は年初に事務所の引継ぎがありました。
それはお客様(収入)を引き継ぐとともに、1名の職員と経費の負担の引継ぎでもありま
した。
新しい職員の採用もあり、新たな体制で臨んだ1年でした。
「そこから先」を考えると、とにかく余分な時間が欲しいがための選択でした。
その割りに余裕のない年でしたが・・

その新しい職員は思った以上の働きをしてくれましたし、人がらも真面目で申し分なく今
年一番の収穫だったと思います。
引き継いだ職員もずっと一緒に仕事をしてきた方なので、お互いに仕事がしやすかった
と思うのは私だけでしょうか。
「いてくれると安心」という感じで、感謝しております。
そういう意味では、事務所の運営に関してはまずまずの年となりました。
若い人が増えると活気もあり、私自身学ぶことも多く、何より楽しいです。
お客様はもちろん、職員の方にも支えられた1年でした。
もっとも、「経営」という点では今のところ自分でも?ですが・・
とても儲かっているようには思えません。

私生活におきましても家族4人が病気や怪我もなく元気に過ごせたことに感謝してます。
私は今年「厄年」だったらしいのですが、無事何事もなく終われそうです。
風邪をひいたのも1度だけでした。
来年の「後厄」も無事に過ごしたいものです。

来年は「勉強の年」にしたいです。
税理士も年36時間研修が義務付けられましたが、恥ずかしながらまだ10時間しかノル
マを果たしていません。
研修はともかくとして、相続税や借地権がらみについて勉強したいと考えています。
足りない知識を補い、少しでもレベルアップを目指したいです。

おそらくこの書き込みが今年最後になるかと思います。
仕事をいただいた方やこのHPにアクセスいただいた方、すべての方にとって来年がす
ばらしい1年になりますように。

03/12/26
<仕事納め> No69
暦の関係で今日仕事を終えました。
仕事始めは1月5日です。
どういう訳か(あるいは当然なのか)この仕事は、昔から休みが役所の営業日に合わせ
ているようです。
事務所によっては、12月から5月まで土曜日も営業するところも多いようですが、幸いな
ことに私のところは年中週休2日です。
比較的休みの多い事務所です。

今年は事務所の引継ぎがあったせいもあり、すべてが手探りの1年でした。
小規模ながら経営をしたのも、他人に給与を支払ったのも初めてです。
新しく職員を雇用したせいもあり、仕事の量は減りましたが、責任の重さは昨年の比では
ありませんでした。
そういう意味では精神的には本当につらい1年でもありました。
「何とか終われた」という感じです。

仕事からの帰り道そんなことを考えていたのですが、来年は事務所の事務長の引退の年
となることに思い当たり、来年も引き続き仕事の「量」「質」ともに変わりそうです。
そんなことを考えいたら、「同じ年って2度とないのかな」って思いました。
来年も「初めての経験」なのかもしれません。
これは私に限らず、誰もが同じことなのでしょうね。

03/12/21
<合格発表> No68

先週税理士試験の合格発表がありました。
受験地札幌でも22名の方が合格されていました。
例年各科目の合格率が10%前後なのに、今年の簿財は20%だったとか。
「税理士倍増計画」みたいな話は聞いておりませんが、いったいどういうことなのか。
ちょっと信じられない数字です。

合格できなかった方にはつらい年末ですね。
1年間の苦労が水の泡、という感じですが、めげずに続けて欲しいものです。
年が明けたら気持ちを切り替えてまた頑張りましょう。
長い受験生活の中で何回かの挫折は必ずありますし、最終的に合格できたときにはそう
いう経験も決して「無駄ではなかった」と思えますから。
続ける気持ちを持ち続けてください。

今年も残りわずか。
仕事のできる日数を数えるとちょっとアセリます。
通常の仕事に加えて年末調整という季節物の仕事があり、決算も1件まだ終わっていま
せん。
思うだけの仕事をかたずけて今年を終えたいと思いますが、どうなることやら。

03/12/15
<忘年会続き> No67

何かと飲む機会も多い12月です。
今月に入り週2回のペースで宴会が続いています。
税理士会がらみのいわゆる「仕事の延長」の飲み会から、同じマンションの方との飲み会
事務所の忘年会等、楽しいものからあまり楽しくないものまでいろいろです。
それでも「楽しくない」と言いながらも、それなりに楽しめる性格なのでそれ程苦にもなり
ませんけれど・・

実は3年位前までは、それ程飲みませんでしたし飲みたくもありませんでした。
付き合っている友達のおかげで近年人並みに呑めるようになりました。
正確に言うと娘の友達のお父さんたちなんですけど。
以来、事あるごとに飲み続け今では「何時でもどこでも」の人になりました。
「それでいいのか?」という感じですけれど。
今年は後何回「宴会」があるのやら・・

明日は税理士試験の合格発表です。
事務所の職員も受験生です。
自分のときとは違うドキドキとワクワクがあります。
受験生の皆様に良い通知がありますように。

03/12/11
<運転が怖い> No66

以後雪はそれ程でもありませんが、日中融けた雪が夕方には凍り、車の運転がちょっと
怖い感じです。
今週はほとんど外出が続きましたので、事務所に持ち帰った仕事がたまっています。
来週も引き続き外出が続く1週間になりそうです。
最後の週に持ち帰った仕事を一気に片付けようと思っています。

税理士事務所の仕事は決して事務職ではありません。
1/3くらいはお客様を回り、必要な書類をいただいたりお話をしたり、残りの2/3くらい
は持ち帰った資料から伝票を起こし、入力等をします。
毎月お伺いすることを「巡回監査」と言うそうですが、なぜか私はその言葉が嫌いで1度
も使ったことがありません。

明日は事務所の忘年会です。
まだ「年末」の実感はわかないのですが・・
賞与の支給や、税理士試験の発表と続くうちにいつの間にか「年末」に突入するのでしょ
うね。

03/12/06
<雪が来ました> No65

とうとう雪が来ました。
量はたいしたこともなくサラリと降った程度です。
新聞で明日の天気を見たら、ダルマさんが傾いていたので相当荒れるのでしょうか。
今日クリスマスツリーを出したら、冬景色とあわせて急に年末に近づいてきたような感じ
です。

久しぶりでお昼に蕎麦を打ちました。
家族で食べる分だけなので600gで1回分、これでお腹いっぱい食べれます。
つゆはちょっとだけ手を抜きましたが、とても美味しかったです。
私は比較的「やせ(173cm60kg)の大食い」タイプなので、お店で蕎麦を食べてもお腹
がいっぱいになることはありません。
自分で作ると好きなだけ美味しい蕎麦が食べれるのはとても嬉しいです。

蕎麦を打つようになってから10年経ちますが、だんだん味が分かってきたせいか、安易
に蕎麦屋で蕎麦が食べれなくなってきました。
「美味しくない蕎麦屋」も結構ありますし、美味しい蕎麦屋は値段も高いです。
そうすると何人前食べればお腹いっぱいになるのか・・・
3人前くらいはペロリといけそうです。

年末に向けて何度か蕎麦を打つので、製粉所に電話して5kg送ってもらいました。
900円/1kg、今年の蕎麦はちょっと高めです。
例年700円〜800円位ですので、米同様に出来が悪かったのでしょうか。
それでも電話1本で送ってもらえるのはとても楽。

そば粉の事は良く分からないのですが、「どこから買うか」というのは大事なことかもしれ
ません。
と言うのも、以前近くの製粉所で購入したところ、技術のせいかもしれませんが、なかな
かつながらなくて、何度か美味しくない蕎麦ができました。
理由も分からず、ためしに製粉所を変えてみたらちゃんと美味しい蕎麦ができました。
それが今、蕎麦粉を買っている且O剣製粉所です。
請求書を見ると創業が大正2年で蕎麦粉専門・・だそうです。
札幌市中央区南6条西8丁目8 tel011-511-2274。
送料は600円かかりますが買いに行くことを考えるとお安いです。

年末の年越蕎麦まで後3回打つことになりそうです。
美味しいけど大変・・できれば食べさせて欲しい、と思う今日この頃です。
上の娘は、私の作る蕎麦を楽しみにしてくれています。

03/12/04
<年末調整> No64

年末調整の準備が始まりました。
当然お客様の従業員全部が対象となりますので、細かい作業が続きます。
従業員の方に変動がなければいいのですが、やはりそういうわけにもいかず、入社した
り退職したりと細かい作業がより複雑になるのでした。

今年は年末調整に関するサービスを均一化しました。
どういうことかといいますと、従来は役所から書類が郵送されるとその書類を従業員の方
一人一人に、氏名、住所等を記入していただいたのですが、今年は事前に印刷して配り
ます。
お客様は内容確認と押印、そして保険料の控除証明書の添付、それで終わりです。
そのサービスを事務所通信で告知して、事務所の職員にも徹底してもらいました。
せめてお客様がその便利さに気づいてくれればなぁ・・・と思います。

これが始まると年末だなぁ・・という気になります。
折りしも今日の札幌は真冬日だったようです。
だんだんと今年も終わりに近づいてきましたねぇ。

03/12/02
<お知らせ> No63
リンクしていただいていた行政書士の鳥塚さんですが、諸般の事情から削除することに
なりました。
決して悪いことをしたとか、喧嘩をしたという理由ではありません。

鳥塚さんのおかげで司法書士、社会保険労務士、行政書士、未来の弁護士に合わせて
いただくことができました。
そしてこれらの方たちは私の財産でもあります。
とても感謝しています。
フィールドが変わってもますますの活躍をお祈りしております。

それと、行政書士の内藤さん(未来の弁護士です)が社会保険労務士の登録をしました。
もともと資格を持っていたのですが登録を見合わせていたようです。
リンクのページに社会保険労務士の肩書きを追加しました。

税理士もそうですが、試験に合格してもその資格で仕事はできません。
税理士会に登録しなければ税理士として仕事ができませんし、当然お金もいただけませ
ん。
ところが登録すると会費を払わなければなりません。
北海道税理士会に支払う会費と、支部会費で合わせて年間15万円くらいでしょうか。
決して安くはない会費です。
安易に登録できないのもその辺りにあるのでしょうか。
費用対効果ですね。

03/12/01
<師走> No62
とうとう12月に入りましたが、札幌は快晴で暖かい1日でした。
明日の予報も晴れ、今日より暖かいという予報が出ています。
こういう陽気だと「年末」とか「クリスマス」とかの話もどこかピンとこない感じです。

曜日の関係で、今日が9月決算の申告書の提出期限でした。
午前中にお客様の資料を作って、昼食後申告書の提出をしてお客様に資料を届けて、
事務所に戻ったのが夕方の4時でした。
雪道ならこうはいかなかったでしょう。
雪がないと本当に「楽」です。

5時半から税理士会の支部広報の集まりがありました。
仕事が半分、そして飲み会が半分です。
今週末にも道会の広報の集まりがあり、やはり半分が飲み会です。
来週は事務所の忘年会もあります。
「飲む」機会が多い12月です。

03/11/26
<本日発送> No61
「事務所通信」がやっとできて本日より順次発送しています。
当初考えていたより体裁良くできたのは職員のおかげです。
でも内容や構成に至っては反省ばかりが目に付きます。
まだまだ力不足です。
2〜3ヶ月のスパンで発行できれば、と考えていますが、忙しくなるこの時期に果たして
実行できるかどうかは?です。

回を重ねるごとに内容の充実、定着を図りたいと思います。
お付き合いしていただいている「士業」の方たちにも軽い原稿をお願いしようかな。
いずれにしても「読んで楽しい」ものを作って行きたいです。

この「事務所通信」、原稿の段階ではフォントが明朝体のただの文章でした。
その文章を新人の職員に「君の紹介文を書いたから好きに書き直して」と渡したところ、
原稿全部のレイアウトや見出しのフォントを直してくれました。
これは嬉しい誤算で、見栄えが断然良くなりました。
デジカメも当然のように使いこなして、後はほとんど職員任せで出来上がりました。
やはり若い人のセンスは良いですねぇ。

03/11/21
<なかなかできない事務所通信> No60

完成間近と思っていた「事務所通信」がなかなか完成しません。
早々に写真を撮ってきたものの職員が忙しかったりして、しかも私が思いつきで7ページ
目も作ってしまったものですから、原稿が完成して今週を終えました。
職員にも本来の仕事があるのに、余計なことに巻き込んでしまって申し訳なく思っていま
す。
ちなみに7ページ目は、このHPのリンクでも紹介している「士業」の方たちの紹介です。
勝手に「提携」してしまいました。(現在本人に了承のメールを出しています)
それぞれの業界で活躍していて、自信をもって紹介できます。
皆さん若くて、その分フットワークがよくて、知識、人柄も申し分なく、何よりも「サービス業」
に徹しています。
これからも機会があるごとにコマーシャルしていこうと思っています。

「事務所通信」の中に写真の入るページが3ページあります。
事務所には白黒のレーザープリンターとインクジェットのプリンターしかないので、当然写
真のページはインクジェットになります。
現在60件くらいの配信を考えていますので3×60=180枚インクジェットでプリントしな
ければなりません。(何時になったら配信できるのやら・・)

郵送やインクジェット紙等の経費、費やした時間などを考えると、「うーん・・」という感じで
す。(デジカメもそのために買いました)
巻き込んでしまった職員も「うーん・・」なのかもしれません。
手当ては出ませんので。
でも一生懸命やってくれました。

作りたくて作った「事務所通信」は、日常の仕事とちょっと違って楽しいです。
でも、できれば今回ご紹介したお客様の売り上げが少しでも増えて、そして勝手に提携し
た「士業」の方たちの仕事が一つでも増えれば、と願っています。

03/11/18
<事務所通信>

年末調整の書類が送られてくる季節になりました。
12月に入りましたら年末調整、償却資産税、確定申告、法人の決算と5月まで忙しい時
期が続きます。

さて、10月15日付けの書き込みにもありました通り「事務所通信」なるものを作りました。
まだ完成していないのですが、今週中には出来上がると思います。
後はご紹介するお客様と、新しい職員の写真を残すのみです。
初めての試みですので、考えていたより少しだけボリュームの多いものとなりました。
どの程度のスパンで発行できるのか今のところ不明ですが、できるだけ定期的に発行し
たいと考えています。
内容は、以下の通りです。
@はじめに・・・ 発行に至った理由
          主として受身でもあるこの仕事ですが、せめて何らかの情報を発信したい
Aお知らせ・・・ 事務所の名称変更のお知らせ
          世代交代の時期を迎えて、「渡邊・長谷川税理士事務所」になります
B税法改正・・・主として法人を対象に平成15年度の法人税、消費税の改正を紹介
C保険業務・・・保険の代理店になったことのインフォメーション
DNew Face・・ 今年2月から来てくれた職員の紹介
Eお客様紹介・・お客様の相互利用を目的とする紹介記事
事務所の新しい職員がすばらしい編集をしてくれて、「まずまずの出来」になりました。

03/11/12
<冬が来たかな>

朝いつものようにコートを着ないで外に出たら「寒い」・・
ちょっと後悔しながらも、車で地下鉄まで送ってもらうのですが雪の予報が出ていたせい
か、圧倒的にコート姿の人ばかりでした。
私の事務所は地下鉄駅直結なので、帰りの問題は別にすると地下鉄駅から先は多少の
薄着は全然問題がありません。

午後からみぞれが降ってきました。
今まで気が付きませんでしたが、みぞれも積もるんですね。
帰るときには1cmくらいシャーベット状態で積もってました。
今日1番の問題は「夏靴」を履いていたことです。
これは怖い。
滑るんですね。
慎重に歩きながらも1度転びそうになりました。

今は何も降っていないようですが、道路以外はうっすらと白くなっています。
明日からはコートと冬靴になりそうです。

03/11/02
<デジカメの顛末>

11月なのに20度を越えた札幌。
50数年ぶりの記録だそうです。
日中外(動物園ですが・・)にいましたが本当に暖かくて、なんと半袖で過ごしました。
この季節になると、いつ雪が降っても不思議ではないのですけれど、そういう意味では不
思議な1日でした。

さて先日購入したデジカメですが、フラッシュが壊れて交換したものの、なんだか気になる
点がいくつかあります。
シャッターを押してから記録されるまで1秒くらいかかること。(その瞬間が撮れません)
モニターが見ずらいこと。などです。
あまりに使いずらいので、販売店に持ち込み別の商品に交換してもらいました。
画素数は変わりませんが、今度のデジカメは普通のカメラと同じく使い勝手がいいです。

その販売店の方がとても親切で商品の交換に快く応じてくれて、商品選びも丁寧に説明
してくれました。
社員教育よりは「人柄」だと思います。
アフターがきちんとしているせいか、苦情を言いに行ったにもかかわらず気持ちよく帰って
来ました。
失敗しても誠意を持って対応すれば、お客様は満足してくれる(かもしれない)・・・
反面教師的な、いい経験をしました。

余談ですが「シャッターを押してから記録されるまで1秒くらいかかる」のは、つまりそういう
デジカメだったということらしいです。
被写体を感知するシステムの違いで、当初購入したデジカメのそれはCMOS(シーモス)と
いい感知するまで若干の時間を要するのに対し、今回交換したデジカメ(一般的なデジカ
メ)はCCDという方式のようです。
無知が交換の原因にもなっているようです。
これって結果的に「コーチング」を受けたのかなぁ。

しかし、CMOSとかCCDとかハニカムとかって、いったい何なの?

03/10/29
<定山渓自然の村>

この時期にキャンプに行ってきました。
キャンプと言ってもコテージ泊で、しかもそのコテージには暖房、トイレ、台所、ベッドが装
備されていて、しかも吹き抜けにテーブル、イスも用意されていて、最低限食材を用意して
いけばキャンプができる、快適キャンプです。
いつものように娘のお友達の家族(3家族)と一緒で、料理もお任せでした。

料金が安くて、人気のキャンプ場でなかなか予約が取れず、この時期になってやっと予約
が取れました。
季節がらさすがに寒かったですが、至れり尽くせりのコテージにそれも大して気になりませ
んでしたし、虫も比較的少なかったです。
今度はもう少し暖かい時期にまた来てみたいです。
いずれにしても、どこに行っても飲んでばかりいるお父さんたち(自分も含めて・・)です。

通年営業で、子供向けの「遊び」のプログラムもいろいろ用意されていますので、機会があ
りましたらご利用してみてはいかがでしょう。
HPがあるようなのでアドレスを載せておきます。
http://www.katsudokyokai.or.jp/sisetu/jouzankei/index.htm

03/10/28
<北湯沢温泉>

北湯沢温泉には野口観光の温泉が3つあります。
第二名水亭には温泉ビーチという子供が喜ぶ屋外プール(プールにヨットが浮かんでい
ます)があります。
今回行ったのは名水亭です。

どちらも共通しているのはサービスがシンプルなことです。
昔の温泉ホテルは、部屋まで年配のおばちゃんが荷物を運んでくれたり、冷蔵庫には飲
み物がびっちり詰まっていたりだったのですが、この温泉ホテルはフロントで鍵をもらった
ら荷物を自分で運び、冷蔵庫は空っぽで売店や自販機で好きなものを買ってきて自由に
冷蔵庫を使うというような感じです。
従業員も比較的若くて、個人的には煩わしさがなくこの傾向を気に入っています。

で、今回名水亭に行って思ったことが2つあります。
ひとつ目は温泉の泉質がいいことです。
いくつかの泉質があったようですが、そのひとつに含硫黄泉がありました。
私的にはポイントが高いです。
「温泉」という感じがします。
もうひとつはあまり知られていないようですが、天体望遠鏡で星を見ることができます。
実は今回名水亭に行ったのも、天体望遠鏡で星を見たかったからなのです。
ここの天体望遠鏡は、北海道としては陸別、初山別に続いて3番目に口径の大きな天体
望遠鏡なのだそうです。
当日はあいにくの天気で星を見ることができなかったのですが、いずれまたの日にチャレ
ンジしてみたいです。
それにしても不思議なのは、この天体観測を全然コマーシャルしていないことです。
チラシのどこを探してもないんですね。
本当に不思議です。

03/10/15
<デジカメ>

某大手スーパーで9980円のデジカメが売られています。
仕事に使おうかなと考え購入してみました。

事務所からお客様向けに「情報」を配信しようと考えているのですが、それを紙に印刷し
てお伺いするときにお渡ししようと思っています。
私のところのお客様は、今のところ半数以上がインターネットの環境がないようなので、
とりあえずは「紙」に印刷したものでスタートしようと考えています。
その情報のひとつに「お客様紹介」のコラムを設けて、お客様同士を相互に利用し合うよ
うな役割を果たしたいのです。

例えばAというお客様がBというお客様に塗装をお願いして、そのBというお客様がCとい
うお客様にパソコンの環境設定をお願いして、そしてCというお客様がAというお客様にお
花を注文する・・・というように廻りまわって売り上げにつながれば結構面白いと思います。
いろいろなお客様がいますので、欲しいサービスのすべてではないにしてもいくらかは賄
えるのではないかな?
そうするとやはり写真は欠かせないでしょう。
と、いうことでデジカメです。

ところがこのデジカメ、買って2日目にフラッシュが壊れました。
販売店に持っていったら当然新品に交換してくれたのですが、その他にも気になる点がい
くつかあります。
例えばフラッシュのモードにすると、シャッターを押してから1秒位してから光るのでその瞬
間が撮れないとか、原因不明の「真っ白の画像」とか・・
技術の問題なのか、能力の問題なのか今のところ不明です。
使う頻度は少ないけれど、ちょっと失敗したかなぁ・・

03/10/09
<羊蹄山の想いで>

私は札幌生まれなのですが、父の仕事の関係で小学校5年から高校を卒業するまで
の8年間を倶知安町で過ごしました。
倶知安に住んでいるときは、羊蹄山はただの山で「登る」対象ではありませんでした。
27歳のときに、ニセコアンヌプリからこの山を見て初めて「登ってみたい」と思たのですが
実現したのはニセコアンヌプリから2ヶ月くらい後だったと思います。
ちょうどお盆の頃、羊蹄山に初挑戦をしました。

当時は登山の装備はほとんど持っていなくて、登山靴だけは購入しましたが後は間に
合わせの最低限の装備です。
リュックはデイバック、雨具は使い捨てのビニールガッパ、着替えも持たずにコンビニで
おにぎりを10個くらい買って、後は水を2リットル持っての登山。
しかもこれが避難小屋での1泊の装備です。
今考えると「無謀」としか言いようがありません。
天気も途中から雨が降り出して、「こんな天気で登ってもいいのかなぁ」と心細い思いで
登りました。
カッパを持っていたとはいえ服はびしょぬれ、頂上の気温は7度だったと記憶しています。

そんな天気でも小屋には、管理人と2人の登山者がいました。
合計4人。
話をしてみると、私を含めてみんな倶知安高校出身でした。
母校の話に花を咲かせて、たくさんの毛布を借りて、それでも震えながらの一夜でした。

翌日の朝、宿泊した方(山本さんというニセコの方でした)と2人で頂上に登りました。
登山口が違ったので頂上で別れましたが、下山するとそこは「夏」でした。
皮肉にも天気は回復し、羊蹄山は雲ひとつなくはっきりとその全容を見せていました。

以後羊蹄山は6〜7回登っています。
登山に行くたびに少しずつ装備が増えていきました。
登山靴もちゃんとしたのを買いましたし、雨具、1人用テント、シュラフカバーもゴアテックス
素材のものです。
シュラフも羽毛で多少の氷点下なら苦もなく寝られます。(布団より高いです)
リュックもピクニック(30g)から縦走登山(65g)まで使用できる3種類のものを持ってい
ますし、鍋やコンロもそろえましたので「大量のおにぎり」を買うこともありません。
久しく本格的な登山を離れていますが、いずれまた山に戻りたいです。

03/10/08
<久しぶりの登山>
ニセコアンヌプリ(1308m)に登ってきました。
1年ぶりくらいでしょうか。
しかもニセコアンヌプリは25歳のとき以来ですから16年ぶりです。
この山は私の登山のきっかけとなった山で、山頂から見える羊蹄山を見て「次は羊蹄
山に登ろう」と、そこからの始まりでした。

ニセコアンヌプリの登山口は五色温泉(標高800m)というところにあり、そこまで車で
いけますので実際に登るのは標高にして500mくらい。
お子様登山のレベルです。
天気は良かったものの、結構寒くて(5℃〜10℃くらいでしょうか)日陰には霜が下りて
いました。
そしていつもは1人で登る山ですが、今回は職員の木津(きつ)さんを誘って2人でした。
下山後はいつものように温泉に浸かってきました。
紅葉も見頃のようでとてもきれいでしたよ。

倶知安から五色温泉に向かう道は木々の間を抜ける道路で、山(アンヌプリ、イワオヌプ
リ)も刻々と姿を変えて見ることができます。
秋を満喫することができるドライブコースでもあります。
温泉もたくさんありますので、一度お試しあれ。

03/10/03
<1600円の贅沢>

先日、いずし用の鮭を買いに浜益町まで行きました。
オスは早々に売り切れたようで、仕方なくメスを3匹購入、6000円也。
鮭本体はオスのほうが美味しいらしいですが、メスにはスジコが入っています。
この3匹分のスジコは、イクラにして毎朝食卓に上がっていますが、1週間を経過しよ
うとしているのにまだ半分も食べていません。
もっとも半分は冷凍したようですが・・

浜益町まで行ったので、念願の増毛町まで足を伸ばしました。
高倉健主演の「駅」、あるいはシェフ三国清三の出身地で有名な町です。
10年前に1度行っているのは暑寒別岳への登山でしたので、「行った」と言うよりは
「通った」と言う感じです。

増毛の目的は「国稀酒造」と「甘エビ」です。
先に国稀酒造へ行き限定販売の日本酒を購入して、お店の方に「甘エビ」のリサーチ
をしてみたら、親切にもわざわざ知り合いの魚屋(立山鮮魚店)に電話して、甘エビが
あるか確認してくれました。
本当に地方の方は親切で「人」がいいです。
帰りがけにその魚屋に寄って甘エビ1kg、1600円を購入するのでした。

「甘エビ」って小さいエビを想像していました。
お寿司にすると2匹で1カンみたいな大きさのエビです。
一匹でお寿司になるようなエビがちゃんとあるんですねぇ・・・しみじみ。
その日に獲れた甘エビは、文句なしの美味しさでした。
家族4人で「もう食べれない・・」というくらい堪能させていただきました。
11月まで漁があるらしいので、今年中にもう1度(何度でも)行こうと思っています。

03/09/27
<久しぶりの試験>

久しぶりに受けた試験は生命保険の試験です。
税理士試験の最後が平成12年8月ですから、実に3年ぶりくらいの経験です。
もう二度と試験は受けないと思っていたのですが、なかなかそういう訳にもいかない
ものです。
経緯はこうです。
お客様から「友人が保険会社に勤めていて、今度税理士担当になったので1度会っ
て欲しい」と言われて、会って話を聞くくらいならとOKしたものの、会って話を聞いて
いるうちに何故か試験を受けることに・・・えっ?どうして?

保険業務はそれほど積極的に考えていないことと、そのための試験にあまり時間を割
きたくないことを伝えると、保険会社のH氏「簡単な試験で2時間くらい勉強すれば合
格しますから」って、模擬試験3回分と100ページ位のテキストを置いてゆかれました。

さて「2時間の勉強で合格」と言われ甘く見ていたのですが、模擬試験をやってみると
そこそこできるのですが、合格点の90点が見えてきません。
問題の中に所得税、贈与税、相続税がありこのあたりは問題がないのですが、保険の
種類とか性格となると手も足もでません。
しかも「間違っているものを選べ」とかの問題になると、正しい答えが分からないと答え
られません。
結局テキストを1回読んで、模擬試験をやって分からないところをテキストで調べるとい
う、正攻法の勉強をするのでした。
さすがに「2時間」という訳には行きませんでしたが、勉強した分試験は易しかったです
し、結果として合格できました。

最低限お客様への義理は果たしたかなと思っています。
この保険の資格、仕事上何かの役に立つかな?

03/09/21
<ゴルフコンペ>

久しぶり(3年ぶり)にお客様の会社のゴルフコンペにでてきました。
コンペの楽しいところは賞品をいただけることです。
アマチュアがゴルフでモノをいただけるのはコンペしかありませんからねぇ。
でも最初のティーショットの緊張は考えるだけで憂鬱になります。
なにしろ皆が見ていますから、祈るようにティーグランドに向かいます。
所詮は「うで」の問題なのですが・・・
結果はたいしたこともないのですが、「いも10kg」をいただきました。
「お金がなくても米(食べ物)があれば大丈夫」という考えを持っていますので、「いも
10kg」はとても頼もしい存在です。

急に秋らしくなったものの、なんだか不安定な天気が続いていたこの頃でしたが、今
日は風もなく温かく外で遊ぶには絶好の天気でした。
ゴルフもそうですが、心も身体も日常から離れるというのはストレスの解消になると思
います。
今回は仕事上の付き合いですが、それでもプレー中頭の中には「仕事」も「家庭」もあ
りません。
プレー中の会話にも「仕事」はでてきません。
皆さんが自ら「楽しもう」と思い、そして一緒に回っている人たちを「楽しませよう」と考え
ながらプレーしているような気がします。
そういう「遊びの時間」が持てることはとても幸せなことだと思います。
そして、そういう時間の必要性をこの頃強く感じます。

03/09/18
<初パークゴルフ>

子供にせがまれパークゴルフに行ってきました。
「用具も貸してくれて、しかもタダ」という虫のいいことを考えながらネット検索していた
ら、場所は遠いもののあるものですねぇ。
なんと浦臼町です。

国道275号線を北上、当別町→月形町→浦臼町です。
札幌から50kmくらいでしょうか。
「ふるさと運動公園」内にあります。
野球グラウンドを一周するレイアウトで9H、420mのコースで、用具の貸し出しも無料
しかも空いています。
どのくらい空いているかというと、9Hを2回まわる間に私たち以外に2組しかプレーして
いませんでした。
空いているのは本当にありがたいのですが、なんだかもったいない気がしてきました。
札幌近郊のパークゴルフ場は、結構盛況のようなのですが地方はそうでもないのでしょ
うかねぇ。
屋外のパークゴルフは初めてなので、どの程度いいのか悪いのか判断はできませんが
お天気のいいなか、のんびり子供たちと遊べてとても楽しかったです。
少なくても、今の私の家族にとっては「最高」のパークゴルフ場でした。

03/09/07
<本格的にクワガタの飼育>

日高で捕ったクワガタが1ヶ月生き続けています。
先日お客様のところでクワガタを飼っているのを見かけ話を聞いたら、2年ぐらい生き
るらしいと言ってました。
冬を越すかもしれないという事と、最近交尾らしき行為を見かけ「卵を生むかもしれな
い」という事実から、住環境の整備に着手しました。
これを「親心」と言うのかも知れません。

そんなに長生きするとは思わなかったので、虫かごに桜のチップ(燻製用)を敷き詰め
公園から拾ってきた木を2本置いて、餌は人間用のゼリーと時々くだもの(スイカやメ
ロン)をあげていました。(スイカは下痢をするからだめらしい・・?)
すべて間に合わせでした。

季節が外れてきたので飼育セットがまだ売られているかな?と、ちょっと不安だったの
ですがちゃんとありました。
今よりちょっと大き目の飼育カゴ、クヌギのマット(湿った繊維状の木くずみたいなもの)
とクヌギの古木(これに卵を産み付けるらしい・・)を買ってきました。
オスは相変わらずメロンにしがみついていますが、雌はあっという間にマットにもぐりこん
で姿を消しました。
心なしか彼らも新しい環境を喜んでいるような気がします。

<追記>
オスが9月19日、メスが9月28日天寿を全うし永眠いたしました。

03/09/06
<お客様が望む税理士>
先日、質問のメールをいただいた話です。
「商売をしているのですが、どういう税理士にお願いすればいいでしょう?」という質
問です。
たまたま私の事務所のエリアでなく、利害関係のない一税理士の個人的な意見とし
て返事をしましたが、「納税者から見た、いい税理士」というのは私は考えたこともな
く、改めて考えてみると新鮮で楽しかったです。

返事を紹介したいのですが、間違いなく「たたかれる内容」なので書けません。
正式にお咎めを受けることになると思います。
「好きなことを書いている」つもりでしたが、やはりいくつかの制約が伴うようです。
「税務調査」について書けないのもやはりそういう理由からですし、その他にもいろい
ろあるかもしれません。
営業もかねているので、匿名のHPというわけにもいかずなかなか難しいものですね。

03/09/05
<秋ですねぇ・・>

8月下旬くらいから「いくら」が食卓に上がり始め、現在は「鱒の子の醤油漬け」を食
べています。
鱒の子は「いくら」にならないらしく、そのままバラさずに醤油に漬けます。
スジコみたいなものですね。
娘も私も、朝から「いくら」でご飯を食べまくっています。
食欲が止まらない状態ですが、考えてみると今年の夏は暑さと無縁で食欲も落ちな
かったのでずーっと食べ続けているのかもしれません。
太らない体質なので助かりますが、これって栄養を吸収しない効率の悪い体質なの
かもしれません。

サンマも秋を感じさせますね。
今年は豊漁なようで、スーパーで1匹60円から80円くらいで売られているのは、とて
も嬉しいです。
先日、「朝獲れたサンマ」をいただきまして、さっそく刺身でいただきました。
脂がのっていて「うまい!」・・・
新鮮なせいか生臭さもなく、ビールとともに5匹をぺろりと食べてしまいました。
秋には秋の楽しみがありますね。

03/09/01
<クワガタ>

2年連続で冷夏となった北海道です。
それでもキャンプに3回、海水浴にも2回程行きましたのでとりあえず「やるべきこと
はやったかな」という感じです。

8月の上旬に日高の山の中でキャンプをした際、子供たちと一緒にクワガタ捕りをし
ました。
夜キャンプ場内を、懐中電灯と虫かごを持って木にしがみついている(表現まちがっ
ているかな?)クワガタを探しました。
オスが1匹とメスが5匹捕れました。

子供の頃、田舎(倶知安)で過ごした割には、クワガタを捕った記憶は1度しかありま
せん。
大人になってからのクワガタ捕りは、とても楽しかったです。
虫かごに入れて持って帰ったのですが、今でもオスメス各1匹ずつ健在しています。
そしてそのクワガタをお世話しているのが、いつものように私なのでした。
「40歳過ぎてクワガタを飼育するおじさん」って、とても怪しいですね。

03/08/25
<55番中50番目>

高校生を対象にした進学情報誌の調査によると、将来就きたい職業のランキングで
税理士は55番中50番目だそうです。
職業としての将来性もさることながら、税理士やその仕事が社会に認識されていない
ことの現れのようです。
私自身はさして重要なこととは考えていないのですが・・

実は、私は2年ほど前から支部広報の委員をしていまして、今年から道会の広報委員
も(仕方なく)しています。
広報の主な仕事は「会報の発行等」税理士を対象とした内部的な広報と、広く世間一
般に対する「対外広報」の2つがあります。
対外広報の具体的活動としては、確定申告時期になったらテレビやラジオ等でコマー
シャルしたり、募金活動(旭川支部で盲導犬の育成募金を毎年していますが、これは立
派なことだと思います)をしたりというようなことをしています。
コマーシャルについては、税理士の認知度を向上させましょうということなのでしょう。

今年の道会の広報は「攻めの広報」をスローガンにしています。
税理士の仕事をアピールすることによって、利用者を増やしたり、その認知度を高める
ということなのでしょうか。
分からない事もないのですが、今ひとつ「そのために頑張ろう」という気になれないのは
どういうことなのかなぁ?
今のところ自分でもよく分かりません。

03/08/03
<野菜だけの晩御飯>

週末にキャンプを予定していましたが、あいにくの天気で中止です。
1日家の中で過ごすのも嫌で、新篠津の温泉に行ってきました。
ゴルフをしによく行く新篠津ですが、温泉に入りに行くのは初めてでした。
こういうときの外出は時間に比較的余裕があるものですから、途中で気になるもの
を見つけると気軽に立ち寄ります。
今回の「気になるもの」は卵と野菜でした。

国道275で新篠津に向かう途中、江別市角山というところで「卵直売」の看板を見
つけて「卵を買っていこうか」ということになり、自動販売機で卵を買いました。
(上の娘が卵かけご飯が大好きなんです)

国道に戻ったら、ちょうどそこに野菜の直売所があり上の娘と2人でトマトを買いに
入りました。
トマト嫌いの娘は不思議と「直売所のトマト」は食べるんですが、スーパーで売って
いるトマトは美味しくないので考えてみると当たり前かもしれませんね。
で、その店の野菜は驚くほど安くてしかもそのほとんどが無農薬。
白菜とキャベツに使っているという農薬は、木酢ににんにくと唐辛子を混ぜたものだ
そうです。
その時点で私が買ったものは、たまねぎ・トマト・きゅうり・ピーマンでした。
そんな話を店のおばちゃんと話しているととても楽しくて、そういうことが大好きな妻に
話を聞かせたくて車に戻ると「ずいぶん長かったわね」って。
ところが入れ替わりに店に入った妻は、その2倍くらいの時間戻ってきませんでした。
戻ってきたときにはジャガイモ・ブロッコリー・ゴーヤ・米ナス・スティックセニョール・ラ
ディシュ・大根・ターッァイ・白菜を持って帰ってきて、しかもその中には結構「タダ」の
ものがあったようで、先の買物も入れて総額で1,800円。
しかもそのおばちゃん、野菜売りは趣味で本業は酪農だそうで、「明日牛乳をあげる
から取りにおいで」と言う話の展開になんだか申し訳ないような感じです。

そしてやっとタイトルにたどり着くのですが、本日の夕食は無農薬野菜いろいろでした。
ブロッコリーとスティクセニョールは茹でてマヨネーズで、トマトはそのまま、米ナスはバ
ターソテーして醤油と鰹節をかけて、ラディシュの酢の物、ゴーヤとターッァイのチャンプ
ルーでした。
野菜だけでお腹いっぱいになったのは初めてですが、美味しかったですし心なしか健
康になったような気がします。

そして次の日いただきに参りました牛乳4リッターは、もうとにかく美味しくて家族みんな
でゴクゴク飲んでいます。
ジャガイモと南蛮とズッキーニもいただき、ただただ恐縮です。

場所は国道275線、江別市角山というところで「卵直売」の黄色い看板のところです。
吉川さんというおばちゃんです。
月、木お休みだそうです。

03/07/27
<全英オープンと税理士試験>

先週末ゴルフのメジャー大会のひとつである、全英オープンゴルフがテレビで放映
されていました。
メジャー大会は可能な限りテレビ観戦していますが、全英オープンゴルフには時期
的な思い出があります。
と言うのも、ちょうどこの時期は税理士試験の受験勉強も佳境を迎えます。
「見たい」気持ちと「見ている場合ではない」現実の狭間で、結局少し見て大半を試
験終了後ビデオで見る、というように折り合いをつけていました。
ですから、全英オープンゴルフが始まると「試験も近いなぁ」と当時の状況を懐かしく
思い出します。

その試験も後10日ほどで始まります。
私の事務所の職員も受験生で、土曜日から完全に「受験モード」に入りました。
試験が終わるまで仕事はお休みです。
悔いの残らない勉強をして、できれば年末に嬉しい知らせを聞きたいです。

03/07/25
<学校給食その2>

学校給食を食するに当たって「札幌市の学校給食」というプリントをいただきました。
札幌市の学校給食の歴史みたいなものが書かれていて、これを紹介したくて「その
2」を設けてみました。

札幌市の給食の始まりは昭和22年だそうです。
戦後の日本の食糧難、特に子供たちの体位向上を急務とし、勝戦国であるアメリカ
は自国の余剰小麦の輸出をしたかったことから始まった「学校給食」だったのだと思
います。

いただいたプリントによると、当初はコッペパン(若い人にはわからないかなぁ)とミル
ク入り味噌汁(どんな味噌汁だ?)というようなものだったようです。
昭和30年頃にはパン、脱脂粉乳、おかず(汁物)、食具はレンゲスプーンのようなもの
です。
昭和47年頃(私の世代です)には、主食は頻度は少ないもののパンだけではなく麺類
やご飯も登場してきました。
おかずも主菜と副菜、みかんなどのデザート(と言う程でもないか?)も出されるように
なり、食具は懐かしい先割れスプーンです。(スイカを食べるときのスプーンです)
昭和53年頃には、主食にご飯の頻度が高くなりそれに合わせて食具に箸が登場して
います。
平成8年からは環境ホルモンの問題(だと思います)から、ご飯用茶碗が磁器食器に
変わり、現在はすべての食器(5種類)が磁器食器になり、食具も箸、スプーン、フォー
クの3種類です。

メニューを見ると主食はご飯類が一番多く(9回/16回)で丼物やチャーハン、ピラフ等
で出されています。
麺類とパンは週に1度の頻度です。
麺類は冷麺、スパゲッティ、きつねうどん、冷麦等、パンは黒コッペパン、ソフトフラン
スパン等です。
また、月に1度「リザーブ給食」というのがあり、2種類のおかずから好きなものを選ぶ
というのもあります。

素材については、減農薬栽培の野菜やくだものを取り入れたり、ハム、ベーコン、コロッ
ケやハンバーグについては原料配合を指定した特注品だそうです。
カレー、シチュー、グラタンは、ルウを道産小麦粉とバターなどで作り、化学調味料なども
一切使わずに調理しています。

こんな話を聞いたら、今の給食を食べてみたくなりませんか?

03/07/23
<学校給食その1>
「そのときを逃すと次はいつ食べれるか分からない物」というのがたまにあります。
2年前調査の立会いで東京に行ったときのことですが、宿泊先の新宿のホテルの
窓からふと外を見ると、ラーメンの屋台が出ていました。
屋台のラーメンは食べたことがないので(札幌にはありません)、食後ではありまし
たが早速外に出て屋台のラーメンをいただきました。
いろいろと世間話をしながら食べるラーメンは格別のものでした。
味は「なじみのない味」で、はたして美味いのか不味いのか判断はつきませんでし
たが、初めての屋台のラーメンに「満足」です。

上の娘が今年小学校に上がりました。
1年生の父母を対象に給食の試食会というのがありまして、この機会をはずすと、次
の機会はいつ来るか分かりません。
当然のように参加させていただきました。(参加せずにはいられない性格です)
メニューは「厚揚げ入り肉炒め丼」「いもとわかめの味噌汁」「冷凍みかん」「牛乳」で
した。

学校に行ってすぐに食べれるのかと思ったら、給食を作る作業と子供たちがその給
食を食べる風景のビデオを45分見せられました。
最初は空腹から「早く食べさせろ!」と思っていましたが、結果的に興味深く見せて
いただきました。
給食を作るところを見る機会はありませんし、当然我が子の給食風景を見る機会もあ
りませんからねぇ。
ところで、この試食会の参加者はほとんど「お母さん」なのですが(お父さんはわずか
に3人)、このお母さんたちのうるさいこと・・・
給食のお姉さんがビデオを見ながら説明しているのですが、お母さんたちは自分達の
話に夢中でほとんど人の話を聞いていません。
井戸端会議をする「おばさん状態」でした。

さて給食ですが、お腹がすいていたのでお替りまでいただいてきました。
200円でお腹いっぱいいただきました。
私の時代の給食はまさしく「給食」でしたが、今の給食は味も美味しく「普通の昼食」
という感じです。
わが子がちょっとうらやましく思います。

03/07/15
<研修会>

昨日今日と2日間、税理士会の「統一研修会」というのがありました。
今回は2日とも研修会の後、広報の打ち合わせがあったり、懇親会があったり、個
人的に告別式に出たりで、なかなか研修会に集中できない2日でした。
そういう意味では、比較的実りの少ない研修会ではありました。

研修会には全道から590人の税理士が集まりましたが、同業者とはいえそのほと
んどの方と面識がありません。
税務署のOB、あるいは大きな会計事務所に勤務した経験があれば、結構な数の
知り合いもいるのでしょうが、あいにくどちらの経験もありませんので親しくお話をで
きる方もそれ程いません。
ですから、「人の集まる場」というのは余計に「苦手意識」を感じます。

今回の研修会で同年代の税理士の方が話しかけてきました。
実は私の小学校時代の友人を共通の友人としていたようで、その方の人柄も含めて
楽しくお話させていただきました。
「近いうちに飲みに行きましょうか」ということで別れたのですが、こういう人とのつな
がりが今回の研修会の収穫かな?と思っています。
不思議な「縁」を感じます。

03/07/15
<こんばんわ?>

非常にくだらない話で恐縮なのですが、例えば「こんばんわ」って挨拶ははたして
「こんばんわ」が正しいのでしょうか?それとも「こんばんは」でしょうか?
同じように、「こんにちわ」でしょうかそれとも「こんにちは」でしょうか?
いつもメールの挨拶に「こんばんわ」とか「こんにちわ」を使っているのですが・・・
どちらが正しいのかどなたか教えていただけないでしょうか?

03/07/10
<小売業がなくなる?>

と、言っても世の中から小売業がなくなる話ではありません。
私の顧問先の話です。
例えば「小売業」と言ってどんな商売を連想するでしょうか?
私がイメージする小売業は、酒や食品を扱っている昔はそこら中にあった普通の
酒屋や雑貨屋さんです。
近年それらのお店はコンビニに変身してしまい、コンビニになれなかったお店は
すべて姿を消していきました。
20年前には私の事務所のお客さんにもそういう酒屋や雑貨屋さんが結構あったの
ですが、気が付くとそれらのほとんどは姿を消してしまいました。
「花屋」、「衣料品」と合わせてほんの数件の小売業が残っています。

コンビニの勢力にあわせて卸売業や流通の構造も変わってきたようです。
コンビニですと小売り、卸売り、流通までもひとつのシステムとして機能する時代に
なって、既存の卸売りとそれに関連した流通はすべて淘汰された感があります。
食品を扱う卸売市場も、そこから物を買う小売店の減少により、衰退を余儀なくされ
ているのが現状のようです。
「食品」に限定すると小売りはスーパーかコンビニくらいですし、そのどちらも私のお
客様にはなり得ません。
コンビニは系列化されていますし、スーパーは規模が大きいですからねぇ。

近年増えているお客様は「サービス業」です。
と言うより、「サービス業」だけです。
何だか不思議な世の中になってきたような気がします。

03/07/07
<風邪の日の過ごし方>

3年ぶりくらいに風邪をひきました。
以前は、毎年11月くらいに風邪をひき翌年に持越すのを習慣としていましたが、
税理士になって以来そのひまさえありませんでした。
そういう意味では少なくても風邪をひく程度のゆとりが出てきたのかもしれません。

「風邪の日の過ごし方」というのをしばらく前から考えていました。
見たいビデオのタイトルを山ほど借りてきて、テレビの前に布団をひいて朝から夕
方までビデオ三昧・・というただそれだけのことなんですけど。

でもいざ風邪をひいてみると、望んでいた「それ」よりもはるかに症状が重くて平日
の昼間からレンタルショップに通う気にもなりません。
ここ3日間、朝起きると39度前後の熱で死にそうになりながら起きてきます。
がんばってバナナとヨーグルトの朝食をとって、薬を飲んでいっぱい着込んでソファ
ーに転がってメジャーリーグを見ているうちに熱が下がってきます。
それからやっと本格的(米を食べるという意味です)に朝ご飯になります。
そしてまた横になって・・・
午後も後半になった頃、やっと正常に近い状態になるんですが程なく子供達が帰っ
てきたりでビデオどころでもありません。

結局の所、仕事を休まなければならないほどの風邪をひいたらビデオどころじゃない
と言うことらしいです。
お客様との約束も数件キャンセルしてしまいましたし、やはり健康が1番ということで
すね。

03/07/06
<いちご狩り>

先週、いちご狩りに行きました。
昨年と行った先も同じ、メンバーもほとんど同じ、やることも同じ・・
そこには無料で使えるバーベキューコナーがあり、お父さん達はどちらかというと
いちごよりは「焼肉とビール」で、着いて早々いきなり炭をおこしてビールで乾杯。
「お疲れさまでした!」とか言いながら、ってまだ何もしていない。
自分も含めて「君たち何をしに来たの?」という感じです。

子供が小さいと、どこのご家庭も一緒でしょうが子供中心の生活になるでしょうし、
レジャーもまたしかりですよね。
我が家もまだまだ、そういう生活が続きそうです。
そういう状況の中で、子供繋がりで仲良くしていただいているご家族が2家族あり、
その時々で色々なところに遊びに出かけています。
最初は市内の公園に遊びに行く程度だったのですが、今年はスキーにも行きまし
たし、一泊で島牧にも行きましたし、夏にはキャンプの予定もあります。
ただしこのお父さん達、何をしても、どこに行っても結局飲んでばかりいます。

03/06/23
<弁護士はけっこう苦手>

私の顧問先が弁護士を必要としていましたので知っている弁護士(と、言っても1
度お会いしただけの方なのですけど)を紹介しました。

私は何となく「医者」と「弁護士」は苦手です。
この2つの仕事の共通点は「無駄」がないんです。
やはり頭が良くないとなれない職種のようで「あっ」という間に問題の核心に迫り
ます。
その「無駄の無さ」にいつも必要以上に緊張してしまい、落ち着きません。
私自身が「無駄」の多い人間だからでしょう。

今日お会いした弁護士もそういう方です。
経験と実力は申し分なく知名度も高く、それだけに「仕事」として受けていただける
かが心配でしたが、引き受けていただけることになりました。
つまり「勝つ見込み」があるということなのでしょう。
とりあえず、私の役割が果たせたことでほっとしました。
と同時に、ここから先の展開に少し興奮しています。

03/06/23
<9回は長い>
先週、2年ぶりに札幌ドームで野球を見てきました。
巨人対広島なんですが、普段野球など見ないものですからチームの順位くらいは
分かるけど、如何せん選手が分かりません。
知っているのは「タカハシ」と「キヨハラ」くらいかな?
何のことはない、CFで見ているから顔が分かるだけのことです。

巨人戦はいつも人気のカードで、きっちり43,500人(つまり満員)の人が見に来
ますので、最後まで見ていると帰りの地下鉄に乗るのが大変です。
9回まで見なければならないほどの興味もないので、8回終了の時点で帰ることに
しましたが、同じことを考えている人も大勢いました。
待たずに地下鉄には乗れましたけど。

試合は6時から始まりますが、5時くらいには球場について8回終了時点で9時、4
時間球場にいたんだけど、これがけっこう長いです。
サッカーでしたら前後半とハーフタイムあわせて2時間くらいですから観戦時間とし
てはちょうどいいかなぁ。
次回はやっぱり「コンサドーレ」かな。

03/06/22
<日常の4打数4安打>

6月19日の新聞に「イチロー4打数4安打」という記事が載っていました。
日本のプロ野球はテレビでほとんど見ませんが、大リーグは時々見ます。
「イチロー」にしても「松井」にしてもその活躍はテレビや新聞で注目しています。
新聞では、イチローに関して「大リーグ3年目で打って当たり前の不条理な状況
になりつつある」と書いてありました。
周りの人たちの期待の大きさが伺われる記事でした。

野球以外に「4打数4安打」というような表現はありませんが、例えば仕事ならど
うでしょう?
「不動産屋」とか「投資関係」などのセールスをのぞくと「4打数4安打」は当たり前
の世界で、これが「4打数1安打」ではサラリーマンは勤まりませんね。
4回の仕事に3回失敗していては、「クビ」になってしまいますよね。

では、私生活ではどうでしょう。
私もそうですがだいたいの「行動」が、周りの人たちの期待通りの行動をとります。
「朝帰り」することもなく「警察のお世話」になることもなく、私生活においてあまりル
ールを破ることもありません。
「それが当たり前」というのが周りの評価ですので、そのささやかなルールを破ると、
とたんに「悪い人」になってしまいます。
「4打数4安打」が「4打数3安打」になるんですね。

「4打数0安打」の人、つまり普段全然期待されていない人が、たまに「いいこと」や
「喜ぶこと」をすると、これは周りの人の評価が上がりますね。
「4打数1安打」になるんですから。
だとすれば、普段あまり期待されない方が「楽」かもしれませんねぇ。

03/06/17
<わらび採り>
先週の休みに初めてわらびを採りに行きました。
「山菜」というと素人には比較的難しいイメージがあるのですが、今回のわらびは
とても簡単でした。
場所は札幌近郊の某スキー場。
車を降りて駐車場を横切ると、もうそこにわらびがあります。
小1時間もあれば、買い物袋にひとつくらいとれてしまいます。
実に簡単。

今年はこれ以前に1度だけ山菜を採りに行きました。
「うど」「ふき」「たらの芽」「たけのこ」です。
「ただ」でおいしいものが手にはいるというのはとても嬉しいのですが、山菜は採っ
てきた後に手がかかりますね。
それでも「食べたい」一心で毎年採りに行くのですが・・
「自然」「天然」「ただ」が、唯一我が家の「家訓」です。

03/06/17
<えっ90?>

今年2度目のゴルフに行きました。
事務所の職員がゴルフを始めたので「1度コースに出よう!」ということになった
次第です。
とは言え、私のゴルフの腕前はコンスタントに3桁のスコアー、しかも近年あまり
ゴルフをしていなかったので「自慢」できるようなものは何もありません。
「楽しければOK」のゴルフです。

しかしどういうわけか上がってみるとなんと90でした。(本人もびっくり!)
河川敷ではありましたが私にとっては未知の領域です。
いつもはクラブをもってコースを走り回る私ですが、この日だけはずーっとカートに
乗っていました。(楽)
一緒に行った職員のスコアーは200・・・これも、ある意味において未知の領域で
す。
それでもプレー後は「楽しかった」と言ってました。
これが「ゴルフ」なんでしょうねぇ。
私の初めてのゴルフのスコアーは144でした。
それでもやはり楽しかったのを覚えています。


03/06/11
<なんだか考えています>

よく分からないタイトルですが「この先の事務所」をどうしようかと漠然と考えて
います。
20年近くこの仕事をしてきて、当たり前のように毎月顧問先にお伺いして、1年
経つと決算が来て申告書を書いてきました。
もちろんその時々に、色々な相談にのったり、問題解決のために調べものをし
たり、考えたり・・・当たり前のことを当たり前のように過ごしてきました。

先日会計事務所向けの雑誌(そういう雑誌があるんですね。知らなかった。)を
読んで旧態依然ではいけないと、なんとなくタイトルのように、なんだか考えてい
ます。
だんだん文章がファジーになってきましたが、考えていることも今のところ具体性
もなく実にファジーなんです。
ただ、将来に向けて何らかの「ビジョン」を持ちたいと考えています。
その「ビジョン」を模索していきます。
今年中に自分なりの「ビジョン」を決めて具体的な方法を考えていきたいと思って
います。

03/06/09
<3月決算は終わらない>

3月決算の申告期限は月末の曜日の関係で6月2日(月)でした。
そしてその日の夕方に3月決算の仕事が飛び込んできました。
その時点で「期限後申告」がはっきりしていました。
翌日書類を一式預かってきましたが、「目がテン」になって「途方に暮れる」状
態が続いています。
詳細は書けないのですが「確定したフリ」をしてその実「全然確定していない決
算」でした。(何のこっちゃ・・)
そして未だにその仕事は完結していません。

例年今の時期は「すがすがしい気分」のはずなのですが、なんだかスッキリしな
い、ちょっとだけ重い感じです。
結局、自分で仕事を片づけるしかないですねぇ・・

03/06/01
<初夏6月>

3月決算が終わりました。
申告に関しては期限の6月2日を待たずにその提出を終えることができました。
昨年は「終われるのか?」という危機感がありましたが、今年は比較的マイペ
ースで仕事を進めることができました。
6月は書類整理や調べものをして、終わり次第新しい仕事にかかる予定です。
詳細は秘密です。

初夏6月、夏の入り口ですね。
昨年も書きましたが短い夏なので、たくさん遊んで私生活も充実させたいです。
税理士受験生にとっては、試験まで後2ヶ月。
受験生は試験が終わるまで「夏」はお預けでしょう。
例年、私も試験が終わってやっと「夏」が来ました。
私の事務所の職員にも1人「受験生」がいますし、知り合いの方にも「受験生」が
います。
それぞれの夏ですね。
1度しかない今年の夏を充実させましょうね。

03/05/23
<大詰め>

3月決算も5件がすでに終わり残り3件となりました。
比較的規模の大きな会社が内2件、時間があればどうにでもなりますが5月も
後半に入ってきて、3件同時進行状態です。
納税が絡んできますので「月末までに申告書ができればいい」というわけにもい
きません。
来週早々には目処をつけなければ・・・
毎日がスリリングでエキサイティングです。
そしてそういう状態をけっこう楽しんでいます。

5月が過ぎると「今年もやっと終わったなぁ」という気になります。
6月以降もパラパラと毎月申告はあるものの、やはりこの仕事は5月をもって「1
年が終わる」感じです。
あと少しがんばって気持ちよく6月を迎えたいと思います。
嬉しいことにゴルフの予定も少し入ってきています。

03/05/18
<栗山町はかなりいいぞ!>

栗山町で田植えの体験をしてきました。
いつものように妻が計画を立てて、私がよく分からないままに家族と行動をとも
にする、という巻きこまれ型のレジャーでしたが初めての「田植え」はとてもおも
しろかったです。
「硬い土の上にやわらかい泥がある」というような足の感触は貴重な経験です。
何の役にも立ちませんけど・・

趣旨がよく分からなかったので帰ってきてからもらった資料を見たりしたのです
が、未だに参加者のメリットの大きさに比して、企画者のメリットがよく分かりま
せん。
参加費が大人1500円子供800円で、田植えの後にジンギスカンや生ビール
の食べ飲み放題、そして特産品などのおみやげ(米、味噌、トマトジュース等)も
いっぱいいただきました。
主催が「JA栗山青年部」と「白石区女性サークル連絡協議会」で、協賛が「栗
山町」「JAくりやま」「JAくりやま女性部」ということなので、栗山町とJAくりやま
で費用を負担してくれているのでしょうか。

20代から30代位の若い農業後継者の方が、田植えや昼食のお世話をしてくれ
たのですが、みなさん明るくて親切でいい方達でした。
子供達にも優しかったですよ。
そして、しみじみと「いい顔」をしているんですね。
「ものを作る(育てる)人」に共通した顔ってあるような気がしますし、まして自然と
つきあっている人はきっと「いい顔」になるような気がします。
人本来の顔でしょうか。
とてもうらやましく思います。
できることなら、いつかそういう自然と暮らすような生活がしてみたいです。

この1日で私にとって「栗山町」の印象はすごくいいものになりましたし、機会があ
りましたらまた行ってみたい場所になりました。
ささやかですが、主催者のメリットになるでしょうかねぇ。
秋には「刈り入れ」のツアーがあるようなので、また行こうと思っています。
楽しくて、すがすがしい、気持ちの良い1日でした。

03/05/08
<もうすぐ佳境>

比較的のんびり始まった5月で、今週はマイペースで2件の決算を終えました。
明日中には後2件、決算の目処をつけて残り4件来週以降に持ち越しです。
簡単な仕事からかたずけていますので、だんだんと佳境に向かっている感じ
です。
新しく入った職員が思いのほかよくやってくれるので決算に集中して仕事が進
められるのがとてもありがたいです。

来週以降は残り4件入り乱れで「できたところから終わらせる」というエキサイ
ティングな2週間位になりそうです。
人の能力って不思議なもので、持ち時間の中で何とか仕事を終わらせるんで
すね。
普段の倍くらいのスピードで仕事をこなしてゆきます。
そういうふうに集中して仕事をするのはとても楽しいです。
税理士事務所が忙しいのも後3週間です。

03/05/05
<みそまんじゅう>

留寿都(ルスツ)村の名物は何でしょう?
実はタイトルにもあるように「みそまんじゅう」なんです。
10年前にはそれほどの知名度もなく、お店に行きさえすれば簡単に買えたの
ですが最近は少し事情が違うようです。
たまたま昨日ルスツに行ったときに寄ったのですが、休日のせいもありお店の
前にはたくさんの車が止まっており、狭い店内が人であふれかえっていました。
たかだかまんじゅうを買うのに20分くらいかかりました。

お店はルスツの中心街にある「梅屋」というお店で、ボロボロの店舗(事実だか
ら怒らないと思うけど・・)ですが、「元祖みそまんじゅう」の赤い看板とたくさんの
車ですぐに見つけられると思います。
安くておいしいのでお近くに行きましたらお立ち寄り下さい。
12個入りで500円かな。
最近できた「道の駅」でも販売しているようですが、こちらはすぐに売り切れるよ
うです。
ただし前述したとおり、「待ち時間」は覚悟してください。

03/05/03
<税理士事務所のGW事情>

暦どおりに休むとGWという感じのしない今年のGWですね。
何度か書きましたがこの仕事は5月に仕事のピークを迎えます。
ですから、「9連休」などということはあり得ない話で、暦どおり休めればむしろ
「ラッキー」で、休日返上が当たり前の世界です。
今のところ「9連休」している自分は想像できませんが、もし「9連休」を考え出
したら、それは「現役」を引退する頃でしょうか?

今年は2月から事務所に新人が1人増えた関係で例年の5月とはちょっと違い
ます。
とは言え忙しいことには変わりありませんし、1人増えた分だけお金は忙しいで
す。
どんな仕事も「楽をしてお金が儲かる」ということはありませんよね。

03/05/02
<小(黄)金湯温泉>

小金湯温泉かな?それとも黄金湯温泉かな?どっちだろう。
地図で調べると両方載っていました。
札幌に住んでいる方ならご存じの、定山渓に行く途中にある「あの」温泉です。
ところでこの小金湯温泉が硫黄泉だということは以外に知られていないと思い
ます。
少なくとも私は知らなかった。

近くに火山性の山もないし、定山渓温泉はふつうの温泉(どんな温泉だ?)で
すし、硫黄泉の理由は何もないと思うんだけどなぁ。
ニセコだと湯沼があるし、登別だと地獄谷があるでしょ。
小金湯温泉には何もありません。と、思います。
妻から聞いて半信半疑で先週行ってみると「あら不思議!」確かに硫黄泉。
久しぶりに温泉らしい温泉に入りました。
しかも札幌近郊でこういう温泉に入れるとは驚きです。

私の考えでは「温泉は硫黄泉が1番」というランク付けがあります。
ちなみに最下位は「ただのお湯の温泉」です。
温泉地で言えば「登別」が一番ですね。
色々な温泉(泉質)が楽しめるのはここくらいでしょう。
ただしばらくはSARSが恐いので近寄りたくありませんが・・
最下位は・・・・。

小金湯温泉には3軒の温泉宿がありました。
こぎれいな旅館が2件、ふるーい昔ながらの旅館が1件。
今回は一番手前のきれいな旅館でお風呂に入りましたが、次回は2件目のふる
ーい旅館にチャレンジしてみます。
本当に古いんですよ。

03/05/01
<どうしたんだ?アクセスカウンター>

アクセスカウンターがある日突然壊れました。
1ヶ月ほど前にも1度壊れて再度「タダ」でもらってきたのですが・・・
またもらいに行こうとしたら、今度は「バナー付き」(こういう表現でいいのかな)の
アクセスカウンターになっていました。
とりあえず「タグ」を貼り付けて、密かにそして本格的にオリジナルのカウンターを
考えようかな。
Perlに挑戦です。

03/04/30
<ゴルフ再開>

たいそうなタイトルを付けたものの、要するに「打ち放しに今年初めて行った」という
話です。
事務所の職員がゴルフを始めたので、6月にコースに連れて行こうかと思いまして、
そのための「にわか練習」をしに行きました。
ゴルフは7年くらい前に始めたのですが、子供の誕生とともにだんだん行けなくなりま
して、昨年は1回、一昨年は0回、その前年が3回かな?と、自然消滅寸前の状況で
した。

今回練習に行って感じたことは、「体が持たない」ということです。
手のひらは痛くなるし、腰に疲労は感じるし、あげくに首の筋をおかしくしてしまいました。
80球くらいで切り上げてきました。
練習する体力さえ不足しているようです。
要するに80台であがれればいいわけなんですが、なにしろスコアーはコンスタントに3
桁ですからねぇ。
せめて「人に迷惑をかけない程度の技術」と「ゲームを楽しめる程度の体力」がほしい
と思う今日この頃です。
いずれにしても、今年はなるべくたくさんコースにでたいです。

03/04/09
<税理士を目指す方へ>
時々税理士を目指している方からメールをいただきます。
先日も現役北大生の方から、「来年の求人」についての問い合わせがありました。
残念ながら来年の求人につきましては、私自身分からないのでその旨の返事を出
しましたが、メールを読みながら色々思うところがありましたのでちょっと書いてみた
いと思います。

この仕事は「資格」の仕事ですので、まずはその「資格」がなければ始まりません。
だからと言ってその資格取得がゴールでもありません。
税理士の業務も多岐にわたりますし、組織体も1人で仕事をしている人もあれば、大
勢の従業員(税理士を含む)を抱えている事務所、税理士法人などもあります。

これから税理士になろうとしている方や実務経験のない方は、とりあえず「税理士試
験に合格」合わせて「税理士事務所に就職」と考えているようですが、いずれその先
の自分を考えなければならない時期が来ます。
一番大事なことは「どういう税理士になりたいのか」であり「どういう組織を作りたい
のか」だと思います。
そしてそれは税理士事務所での実務経験がなければなかなか見えてこない部分で
もあります。
特に初めての就職の方などは、最初の「仕事」がこれから先の「仕事」の「基準」にな
ると思います。
その事務所の税理士や組織体、仕事の進め方、経営が「基準」になります。
そう考えると「とりあえず税理士事務所に就職」なんて言ってられないと思うのですが
いかがでしょうか?

大きな税理士事務所が一概にいいとはいえませんが、ある程度の規模がなければ組
織は学べませんし、人が多ければ出会いが多いのも確かです。
人脈も財産ですからね。
仕事は大変でしょうが、いずれは自分の役に立ちますし自分の目指すべき方向も見え
てくるでしょう。
ただし、「仕事」と「勉強」の両立は大変かもしれませんので、面接などでその点しっか
り確認しましょう。
可能であれば、当面は給与などの待遇よりは勉強のための時間の確保を優先させた
方がいいかもしれませんね。

03/03/25
<すごいぞ!高島旅館>

先週末に島牧の「高島旅館」に行って来ました。
子供の保育園のお友達のご家族(全部で3家族)と一緒で、要はおいしい「海の幸」
をいただきながらお酒を飲もうという一泊旅行です。

この旅館、料理がとにかくすごい!
刺身(アワビ、ボタンエビ、ホタテ、ホッキ貝)、焼きアワビ、浜鍋(アワビ、カニ等)、
平目の活造り、毛がに、ナマコ、焼き魚等々。
贅沢にもアワビは4個くらい食べました。
持込自由ということで、持っていった日本酒やビールのすすむこと。
唯一残念だったのは、「うに」の時期からはずれていたことです。
6月以降であれば良かったのですが・・・

翌日の朝食も実にシンプルだけどおいしかった。
にしんの焼き物、イカソーメン、ベーコンエッグ、イカの塩辛、焼き海苔、海苔のみそ
汁と特別なものはないんだけど、どれもおいしい。
朝からご飯を3膳も食べてしまいました。

これで1泊11,500円(税別)です。
子供の料理は頼まなかったので料金は大人の分だけ、にもかかわらず子供のご飯
もちゃんと出してくれて(お布団も敷いてくれました)、旅館の人も素朴で親切です。
料理もいいけど人もいいです。
今まで大きな温泉旅館(ホテル)にしか泊まったことがなっかったのですが、「こうい
う旅館もあるんだなぁ」と目から鱗(うろこ)でした。
人気の旅館で予約もなかなか取れないそうですが、人気の理由も分かる気がしま
す。

残念ながら、この旅館に温泉はないのですが、500b向こうに「漁火温泉」という
海沿いの温泉があり、夕食前に皆で乗り込み露天風呂で海と夕日を見ながら持ち
込んだ缶ビールを飲み、それはとても幸せなひとときでした。
HPがあるようなのでアドレスをのせておきます。
機会がありましたら是非どうぞ!
http://www.tokeidai.co.jp/shimamaki/takashima.html

03/03/23
<ニッカの謎>

「ニッカ」とはみなさんご存じのニッカウヰスキーです。
今回の「謎」は「ニッカ」の名前の由来です。
昨日ニッカのウイスキー工場に行きまして、その際に持ってきたパンフレットを読ん
で名前の由来が分かりましたのでご報告します。

ニッカウヰスキーの創業者「竹鶴政孝」氏が余市に工場を作ったのが昭和9年のこ
とです。
ウイスキーは熟成に時間がかかるために、その間にリンゴジュースの製造を手掛け、
会社の名前もそれに合わせて「大日本果汁株式会社」です。
そして昭和15年第1号ウイスキーを出荷するにあたり、その名を「大日本果汁」の
「日」と「果」から「ニッカウヰスキー」と命名し、今日の社名になったそうです。

工場を見学していたら「試飲コーナー」というのがあって、英国パブを再現したところ
でウイスキーの原酒(10年もの、アルコール度数63%)を試飲させてくれました。
車で行ったのでちょっとだけ味見をしましたが、この「ちょっとだけ」というのがもの足
りず、そうしたら「販売」もしていましたので1本買ってしまいました。
ウイスキーが大好き(特に「シングルモルトウイスキー」は「好き」と言うよりは「愛」を
感じます)なのでとても楽しみな1本です。
ウイスキーの製造体験なんかもできるようなので、いつか自分で作ったウイスキー
を飲んでみたいなぁと思う今日この頃です。
ちなみにこの体験は2日間コースで、実際に飲めるのは10年後です。

HPのアドレスを載せておきます。
http://www.nikka.com/

03/03/17
<確定申告>

今日は所得税確定申告の申告期限でした。
4つの税務署に回りましたが、さすがに最終日ともなると駐車場に車の長い列がで
きていました。
もっともこちらも毎年のことなので、そのことは予想していて車で近づけるところまで
近づいて1人は車に残り、もう1人が申告書を提出しに行くというようなことをしてい
ます。
時間的には「郵送」が便利なんですけど、「郵送」するには「量」が多いので結局提
出しに行くことになりました。
でも一般の納税者ならやっぱり郵送が便利ですよ。
返信用の封筒を同封すれば「控え」を返信してくれますし、受付印がいらないのであ
れば提出用を郵送するだけでもOKです。
確実を期したいのであれば簡易書留郵便にすればいいし、何時間も車で待つよりは
よっぽど経済的でしょう。

さて、これからがこの仕事の本番です。
後は5月までひたすら法人の確定申告に追われます。
「大変」な反面、この仕事があるから「食べていける」という反面もあります。
気持ちよく夏を迎えるために、一生懸命働きます。

03/03/10
<春山登山のつもりが・・・>

週末天気がよかったので、円山(標高225メートル)に登ってきました。
「山」と言うよりは「ハイキングコース」です。
天気は良かったものの気温はマイナス3度、雪の状態も「春」というよりはまだ「冬」
でした。

風が強くて寒い中、6歳の娘と頂上まで登りました。
寒さは変わらないものの不思議と頂上は風もなく、持っていったおにぎりを食べてコ
ーヒーを飲んで快適に一休み。
天気が良かったせいで景色はすばらしかったです。
遠くは暑寒別方面、夕張岳方面(だと思う)も見えて、とても得をした気分です。
次回、機会があったら地図と磁石を持参したいと思います。
今回は双眼鏡を持って行っていたので、単純に景色を眺めてきました。

それと、普段見ることのできない「野鳥」を見ることができたのですが、いかんせん
名前が分かりません。
実は「夏山」に登っても「野鳥」はあまり見ることはできません。
木の葉が「野鳥」を隠してしまうので、鳴き声は聞けてもその姿はなかなか見るこ
とができないんですね。
近々「野鳥」の本を購入しようと考えています。

そして、「春山」の一番の楽しみは「下り」にあります。
雪がしまってきますので、「尻滑り」で真っ直ぐ降りることができます。
子供の「ソリ遊び」みたいなものです。
残念ながら、今回はまだ雪が深くて真っ直ぐ降りることはできませんでしたが、ゴミ袋
をお尻に敷いて登山道をあっという間に滑り降りて来ました。
楽しかった!

03/03/03
<免許の更新>

5年ぶりに免許の更新に行きました。
自分自身、特別法に触れる行為もしていないのですが、どうも警察に行くのは気が
引けます。
嫌いなんですね、はっきり言って。
子供の好き嫌いと一緒です。
ですから、たかだか免許の更新も気が重いのでした。

以前は手稲にある運転免許試験場まで行ったのですが、今は旧中央警察署で更新
手続きができます。
その手続きもずいぶん変わっていました。
5年前はまず申請用の写真を撮って、証紙を買って、申請書に免許証と同じことを書
いて、目の検査をして写真を撮っていざ講習へ。
すべての手続きのため行列に列び、講習を受けるまで1時間くらいかかりましたし、そ
れぞれの係りの人が、考えられないくらい無愛想でした。
これでは誰でもいやになりますよね。

今回の更新手続きは、着くなり愛想のいい人に「更新の方こちらにどうぞ!」と迎えら
れ、記入事項は氏名、生年月日等簡単に済み、即目の検査、写真とその間5分程度。
後は講習でした。
覚悟していったので、その手続きはあまりにあっけなく終わりました。
改修された建物もモダンで明るくて、係りの人も愛想がよくて親切で手続きも簡単。

行政って、所詮市民や国民に対するサービスだと思うので、これが本来あるべき姿な
のだと思います。
区役所の窓口で威張っている人ってよく見かけませんか?
勘違いしている人って結構身近にいませんか?
とは言え、やっぱりどこか警察を信用できません。

03/03/02
<誕生日のプレゼント>

先日上の娘6歳が「パパはどんな花が好き?」と聞くので「うーんバラかなぁ?」と答
えました。
どうも、私の誕生日にお花をプレゼントしようと考えていたようです。
実は私の誕生日は3月3日で、毎年「ひな祭り」のついでに一緒にお祝いをしてくれ
ていました。
本人としては「今さら」という気持ちもあり、そのこと自体に重きを置いていませんでし
たが。

そして今日、1日早い「ひな祭り」のパーティをしました。
娘は自分のお小遣いでバラを1輪買うつもりだったようですが、結局ハンカチを買って
くれました。
お小遣いといっても158円しか持っていなかったようで、足りない分はママに出しても
らったようですが、自分で会計をしてプレゼント用のラッピングをしてもらい、帰ってきて
から「誕生日おめでとう!」とそのプレゼントをくれました。
親バカではありますが「この子の親でよかった」と思う一瞬でした。

03/03/01
<これでいいのか?>
子供が通っている保育園のお友達3家族(いつものメンバーなんですけれど)でスキ
ーに行きました。
子供たちはお父さんとお母さんが交代で面倒見て、そして交代でスキーをしました。
自分の家族だけではできないことも、何家族かが集まると色々なことができますし、
子供たちもお友達と一緒だといつもと違う楽しさがあるようです。
スキーは1人でも滑れますが、かと言って1人で滑ってもつまらないですよね。
一緒に滑る人がいるのはとても楽しいですし、お父さんのうち1人がスキー場で「救
助」をしている人なのでとても上手です。
今以上の上達は考えていないので「教え」は聞き流していますけど。
いつもと違う状況のスキーを楽しんできました。

今まで、スポーツの最中にビールを飲んだことはありませんでした。
ゴルフやスキーの最中にビールを飲むと、続けられなくなるので飲まなかったのです
が、彼らと一緒にいるとやっぱり飲んでしまいます。
休憩中にみんな人の分までビールを買ってくるんです。
で、ついつい飲んでしまってそのまま宴会になだれ込むかと思った。
アブナイ、アブナイ・・

スキー場から家の近くの焼き肉屋に直行して、そこから宴会が始まりました。
全員座れる席がなくて、お父さんとお母さんのテーブルに別れて子供たちはテーブル
を行ったり来たりです。
お父さん達は「飲み放題状態」で、2時間(?)の間に17杯のビールを飲みました。
会計をしたら、お母さん達のテーブルの3倍の金額でした。
このメンバーで集まるといつも飲んでばかりで、楽しいんだけど「これでいいのか?」
と思う今日この頃です。

03/02/27
<スーパーの営業時間>

今回の書き込みは単純な疑問です。
昨年近所にジャスコができました。
このジャスコ11時まで営業しています。
その開店に時期を合わせてフードセンターが24時間営業になりました。
事務所の隣にあるダイエーも最近、週末は24時間営業にそして平日も12時までの
営業になりました。
最低の人員を配置するにしても、光熱費などを考えるととても採算が合うとは思えな
いのですが、どうしてこういうことをするのかよく分かりません。
夜中の3時にキャベツやお肉を買いに行く人がいるとも思えませんしどこにその需要
があるのだろう?
私自身は子供の運動会の当日の朝5時にミニトマトを買いに行ったことは1度だけあ
りますが通常の時間外の買い物はその1度だけです。
頭のいい偉い人が考えたことなのでしょうが、それにしてもよく分からない現象です。
誰か理由を教えてくれませんかねぇ。
夜中のスーパーはにぎわっていますか?

03/02/14
<通勤中の読書>

地下鉄で通勤していますが、通勤時間45分のうち15分強は地下鉄の中です。
待ち時間も含めて20分くらいは何かしら読んでいます。
たいていは図書館から借りたSF小説なんかですが、ここ数日は確定申告の資料(医
療費控除と住宅借入金控除)を読んでましたがやっぱりつまらないです。
税理士会には「税務援助」というものがあり、確定申告期間にあわせて市内各所で無
料の還付申告会場が設けられています。
札幌では各区役所と市民会館ですので、給与所得者の還付申告なんかをされる方は
これを利用されると便利ですよ。
で、強制的に2日間これに駆り出されることになります。
この2日間は、さほど難しいものではありませんが、とにかく数をこなす作業なのでその
場で調べる時間もなく「知っているか」「知らないか」の世界です。
そのための予習です。

地下鉄の中で「何かを読む」とういうのは習慣で、今では読むものを持たないで地下鉄
には乗れません。(習慣というより病気かな?)
今読んでいるのはディック・フランシスの「烈風」です。
ディック・フランシスの本のタイトルはすべて漢字で2文字、もう40冊近く刊行されていま
す。
この「烈風」ですが読んでいくに従い、その先の話が頭の中におぼろげに浮かんでくるこ
とに気がつきました。
これを「既視感」というのかなぁ・・なんて考えていたのですが、さらに読み進めるうちに
なんてことはない、以前1度読んでいた本であることが分かりました。
いずれにしても最後の結末の記憶がありませんので最後まで読むことになりそうです。
「なんだかなぁ・・」と、我ながらあきれてしまいます。

03/02/11
<採用の条件>

求人募集を実際にしてみて「どういう人を採用したいか?」ということを改めて考えてみ
ました。
逆に考えると「どういう要件を満たしていると採用されるか?」です。

「顧問先にお伺いする業務」ということを前提にしますと、まず最低要件は日商簿記2級
程度、これは必須です。
日商簿記2級は、商業簿記に加え工業簿記、原価計算、本支店会計の基礎が分かって
いるということになります。
私の事務所でさえ、本支店会計をしている顧問先は数件ありますし、建設業、製造業に
ついては、当然のように工業簿記的要素が絡んできます。
会計事務所に就職を希望するならせめてこれくらいの簿記の知識は必要かと思います。

これ以外のことについては、「どの程度の人を必要とするか」という雇う側の考え方で決ま
ると思います。
即戦力を求めるのなら経験者でしょうし、そうでなければ若い人かもしれません。
知識を求めるのであれば、税理士、あるいは科目合格者かもしれません。

単なる税理士業務の補助者であれば、この仕事は5年もしないうちに一通りできる立派な
「補助者」になれます。
であれば、若いほど有利なのだと思います。

03/02/09
<スキー>

上の娘は6歳で今年小学校に上がります。
2年前から冬になると近所の公園の小さな山でスキーをしてました。
「止まるまで滑る」という直滑降です。
でもこれではいつまで経ってもスキー場には行けません。
そしてスキー場で滑らすには親もスキーを履かなければなりません。

夫婦ともにスキーは持っているのですが、それぞれ10年以上前に購入したものです。
いい機会だから買い換えようということになったのですが、「2台を一度に」というのは経
済的につらいので、とりあえず妻のスキーを買いに行ったところ、もうすでにバーゲンの
時期になっていました。
しかも「買おう」と思っていたスキーが、メンズ1台レディース2台だけ残っており、あまり
におあつらえ向きな状況に「2台を一度に」買ってしまうのでした。(支払いはだいじょうぶ
か?)
買ったとたん、「スキーに行かなきゃ!」とその日の午後には近くのスキー場へ。
とはいえ、子供が2人なので交代で1度ずつリフトに乗っただけのスキーでしたが、それ
でも2年ぶりのスキーは楽しかったです。

昨日2度目のスキーはテイネオリンピアでした。(初心者用ゲレンデです)
義母が一緒にいってくれましたので、交代ではありましたが思う存分スキーができました。
ゲレンデは易しすぎましたが、今の私の体力にはちょうどいいのかもしれません。
子供たちのスキーが上達したら、ニセコあたりに行きたいなぁ。

03/02/07
<初めてのDVD>
先週の土曜日、子供のビデオを借りにレンタルショップに行った際、久しぶりに「自分の
も何か借りようかなぁ」と物色しました。
見たいタイトルのテープはすべて貸し出し中だったのですがDVDで1枚だけありました。
「そー言えばパソコンにDVDのドライブついていたよなー」と思い出して(購入してから9
ヶ月経ちますが1度も使ったことがない)最後の1枚を借りてきました。

さて、おとーさん(私のことですが)は子供たちが布団に入った後、自室でこっそり「初DV
D」を楽しむ予定だったのですが、見れない・・
どうもDVDのソフトがインストールされていないみたいです。
マニュアルはあるものの、ディスクは部屋中探してもありません。
「きっとディスクが最初から入っていなかったんだ」と、休み明けに販売店に文句を言おう。

次の日、妻の部屋のパソコンのところでDVDのソフトを発見!
さて、おとーさんは子供たちが布団に入った後、自室でこっそりソフトをインストール。
が、今度は要求されたCD−KEYが分からない。
パソコン本体のあらゆる数字、記号でトライしてあきらめかけた頃、マニュアルの片隅に
「それ」を発見したときのウレシかったこと。
時間は遅かったのですが、その日は少しだけ見て寝ました。

次の日、顧問先から「取引先の申告書3期分」が自宅に届けられ「説明してほしい」とのこ
と。
めずらしい依頼だったのと興味から、その日は2時まで、次の日は1時まで申告書をにらめ
っこ。
DVDはなかなか進まない。
木曜日にやっと見終わった「ロードオブザリング」なのでした。

03/01/31
<やっと終われた1月>
1月は季節物の仕事があります。
年末調整に関する書類の提出と、償却資産税の申告です。
償却資産税についてはそれ程の負担もないのですが、年末調整ははっきり言って面
倒です。
特に今年は、この関係で25社、100人以上こなしました。
機械でなければとてもできません。
今日これらの書類の提出が終わりました。
ほっとしながら、のんびり書類の整理をしたり、気になっていた「ちょっとした仕事」を片
付けていた1日でした。
週末はお休みです。
が、実は嵐の前の静けさでここから会計事務所の本当の忙しさが始まります。
考えるのも恐ろしいです・・後は5月までひたすら仕事に流される日々なのでした。

1月の初めに「求人募集」をHPに載せたら、数名問い合わせや応募がありました。
現役北大生からの問い合わせや東京の方からの応募があり、思わぬ展開に私も少々
びっくりしています。
週明けにも1人面接をします。
早く決まるとありがたい・・

今私の事務所ではサーバーを持ったコンピューターを使っています。
端末も私と職員のそれぞれの机に1台ずつ、つまり1人に1台の時代なんです。
「必要なときに使う」のではなく、常に使うんですね。
で、人を雇うと端末もまた1台必要になります。
そして、人も決まらぬうちから来週新たな1台が事務所にやってきます。
100万円しました・・・うーん、嘘みたいな本当の話です。
パソコン位で済めばいいのに・・・

03/01/30
<HPで確定申告書>

新聞を見ていたら面白い記事がありました。
国税庁のHPで所得税の確定申告書が書けます。(税理士なのに知らなかった)
必要事項を記入していくと税金の計算をしてくれて、そのまま印刷して提出することが
できます。
条件はA4サイズが印刷できるプリンターを持っていることです。
譲渡所得等の分離課税(要するに土地建物の譲渡です)を除き、ほとんどの事例に対
応しているとのことです。
ただし誤解しないでください。
提出(郵送可)は自分でしなければなりません。
でも書類の取り寄せから提出まで、税務署に行かなくていいのは結構便利だと思いま
す。
これから確定申告をする方、ぜひ試してみてください。
アドレスを載せておきます。
国税庁HP http://www.nta.go.jp
トップページからトピックス→所得税確定申告書作成コーナーです。

東京の一部地域で試験的に行っている「電子申告」(メールで申告書を提出する方法)
ですが、早ければ来年からスタートするようです。
パソコンやインターネットの普及でどんどん便利になっていきますねぇ。
こういうことがいつまでも「便利」と考えられればいいのですが・・

03/01/24
<スコップの利用法>

久しぶりの書き込みです。
会計事務所にとっては忙しい時期になってきました。
今月は季節物の年末調整と償却資産の申告があります。
それと1月は休みが多くて正味働ける日数が少ないこと、加えて税務調査があった
り・・
もっとも税務調査は、もう1人の税理士が3日間立会いを変わってくれたので、私は
1日だけですんですごく助かりました。

さて、またもやくだらない「スコップ」の話です。
冬になると時々上の娘6歳と近くの公園に行ってはスキー、ソリなどで遊びます。
その際スコップは必須アイテムです。
スキーやそりで遊んだ後に、持参のスコップで穴を掘ります。
四角く雪を切り出して、掘った穴の回りに積み上げていきます。
3段も積むと子供の背丈より高くなりちょっとした「秘密基地」状態です。
これは大人も子供も結構楽しめますよ。
ただし暖かい日を選ばないと、雪を切り出すのが難しいのでとても寒い日にはむきま
せん。
3年位前にやはり同じ遊びをしたところ、次の日に公園を見ると同じようなものがいっ
ぱいできていたこともあります。

そういえば、我が家では海水浴にも柄の長い小さなシャベルを持っていきます。
これで砂を掘ります。
これはただ大きな穴を掘って子供がその中に入って遊ぶという単純な遊びですが、こ
れもやってみると面白いですよ。
お試しあれ。

03/01/11
<今年もよろしくお願いいたします>

明けましておめでとうございます。
6日が仕事始めですが、1月10日迄に源泉所得税を納めさせなければならないこと
そしてたまっている仕事を片づけるため、その日の夜にはすでに正月気分はありま
せん。
会計事務所に勤めているとだいたいこんなものでしょう。
そして5月までは仕事に押し流されていきます。
早々がんばって仕事をしていたらいきなり税務調査の連絡が入りました。
もう「好きにしてくれ!」と言う感じです。
自分の限界を感じた1日でした。

今年は私にとって大きく変わる1年になりそうです。
だんだんと「変わりたくない」と思うようになってきているのは、保守的になってきてい
るのは、そういう性質なのかあるいは年のせいなのか・・
本能的に大きな変化は望んでいませんねぇ。

上の娘6歳は今年小学校に上がります。
いろいろなことに興味を持って、なんでも質問してきます。
どんなことにも「私も私も!」と積極的に参加します。(何でも「できる」と思っているん
ですね)
でも、「好奇心」と「積極性」には頭が下がります。
少しだけ娘を見習って、今年1年を過ごしたいと思っています。