SILLY DIARYトップに戻る


◆SILLY DIARY 2004◆

04/12/29
<1年間お世話になりました> No80

今年最後の書き込みです。
例年より1日早く、昨日で仕事が終わりました。
「終わった」というより、「中断」という感じですけれど。
その分、明けが忙しいだけということのようです。
仕事の量は変わりませんよね。

HPの2度目のリニューアルを考えていますので、しばらくは書き込みもお休みです。
1月中には再開したいと思いますがどうなることやら。(こういう性格なんです)
なにしろイメージが全然ないものですから・・

今年もいろいろな方にお世話になったり、新たに仕事をいただいたりの1年でした。
たくさんの方にメールもいただきました。
ありがとうございました。
新しい1年が皆様にとりまして、すばらしい年になりますように。

私の事務所は来年1月より税理士法人として新たなスタートとなります。
気持ちも新たに新しい年に向いたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

04/12/23
<蕎麦> No79

年越し用のそば粉を3s取り寄せました。
その年によって、あるいは季節によって多少値段は変わるのですが、今年は台風の
影響でキロ1,400円でした。
たいていは700円〜800円位なのでほぼ倍のお値段でした。
お蕎麦屋さんも大変でしょうね。

蕎麦粉はいつも中央区にある三剣製粉所に電話をかけて送ってもらいます。
送料は別途かかるけれど、往復の地下鉄料金と変わりありません。
蕎麦を打ち始めてもう10年位になりますが、製粉所は三剣製粉所で3件目になりま
す。
最初の製粉所はなくなってしまい、2件目は比較的近所なんだけれど、そこの蕎麦
粉で蕎麦を打つとどうしても美味しい蕎麦ができませんでした。
3件目の三剣製粉所の蕎麦粉で蕎麦を打つとちゃんと美味しい蕎麦ができたので、
あるいは蕎麦粉のせいだったのかもしれません。
以来ここの蕎麦粉を使っています。
且O剣製粉所 札幌市中央区南6条西8丁目8 011-511-2274
創業は大正2年だそうです。

今日はあまりに暇だったので、夕方から蕎麦を打って食べました。
いわゆる田舎蕎麦です。
いつもは二八なのですが、計るのが面倒だったりして十割にしました。
子供の小麦粉アレルギーのこともありましたし。
技術的には全然上手ではないのですが、味に関してはほとんどの蕎麦屋さんの蕎
麦より断然美味しいと思います。
お蕎麦屋さんで蕎麦を食べると、上の娘(8歳)は必ず私の打つ蕎麦と比較します。
今のところ私の打つ蕎麦に勝つお店はありません。
そして今夕500gだけ打ったのですが、全然足りなかったようです。

そんなつもりはありませんでしたが、結果的に「蕎麦自慢」になってしまいました。
失礼いたしました。

04/12/19
<忘年会その2 入り口の見つからないBar> No78
今年の忘年会、実は三次会もありました。
いつもは「あれ食べに行こうか」と、メインの飲食店に行き二次会のバーで終わりま
す。
バーの定義はわかりませんが、私的には@落ち着いた雰囲気Aウイスキーとカクテ
ルの種類が豊富B音楽はジャズか生ピアノ・・という感じです。
最近気に入っているのはホテルモントレーエーデルホフの最上階ヒンメルです。
ここのピアノはレトロな音で、会話に障らない程度の控えめな感じがとてもいいです。
雰囲気とサービスはさすがにホテルメイドです。
居心地がとてもよいです。

今回行ったバーにはサプライズがありました。
エレベーターからおりるとお店の入り口が見当たりません。
唯一取っ手のあるドアーは非常口なのですが、さてドアーはどこに?
そこにお店があることを知らない人は、非常ドアを開けて帰ることになるのだと思いま
す。
たとえドアーを見つけてもチラリと覗くだけでは、その暗さからまだお店だとは気づか
ないでしょう。

店内はそれほど広くはないもののゆったりしたイスの配置、バーテンは見た目とても
不思議なおじさん。
いきなりイチゴのスライスが出されて、ウイスキーグラスはなんとバカラ!
カウンターには生ハムの塊があり、注文するとナイフで削いで盛り合わせてくれます。
ウイスキーはもとより、シャンパンとワインのメニューが豊富です。

「なるべく見つからないように」なのか「何とか見つけてね」なのかはわかりませんが
なんとも不思議なお店でした。
しばらく通いそうです。

04/12/18
<忘年会その1 キャバレー> No77
キャバレーという言葉には妙にレトロな響きがあります。
正確な定義はわかりませんが、スナックをゴージャスに、そして巨大にした感じでしょ
うか。
20代前半にほんの数回連れて行かれましたが、その後20年近く行ったことはありま
せんでした。
札幌で知っているのは2件しかありませんが、数はそれほど多くはないと思います。

昨日は事務所の忘年会ですすきのに出ました。
事務所の若い職員とたまに飲みに出ますが、今回は初めて長谷川先生も加えて4人
での忘年会。
長谷川先生が「キャバレーに行くか」と言い出し、二次会はキャバレー。
私自身は「女の子がつく」というのが苦手で、スナックなどには行きませんので職員
にとっては、経験という意味で良かったような気がします。

一番以外だったのは私自身楽しめたことです。
20代の頃は決して「楽しい」という感覚がなかったのに、40代になって改めて行くと
結構楽しんでいるんですね。
「そういう年になったのね」と、我ながらびっくりです。
キャバレーにハマル人の気持ちが少しわかるような気がしました。
最もこれから先、積極的に行くとも思えませんが・・・

04/12/14
<嬉しい知らせ> No76

職員のK君は受験生です。
昨日税理士試験の結果通知が来たということで、今朝その結果が私にも知らされま
した。
財務諸表論と消費税法の2科目の合格でした。
不合格だった簿記論もA判定でしたのでギリギリだったようです。

実は今朝事務所に向う途中に考えたのは、不合格だった時のことだけ。
私自身何度も経験があるので、サラリと聞き流そうと思っていましたが、まさか2つも
合格があるとは正直考えていなかったので嬉しい驚きでした。

昨年は2度目の受験で「合格科目なし」でしたので、今年にかける意気込みもあった
でしょうし、早く結果を出したいということで、人一倍頑張った結果なのだと思います。
「合格したら去年落ちたことなんて気にならないだろ」って聞いたら「はい」って言って
ました。
何回落ちても、最終的に合格すれば不合格だった時の思いも忘れてしまいます。
要はその悔しさをバネにすればいいのです。

今回の2科目合格はK君にとって「すごい自信につながるだろうな」と思いますし、そ
のことによって人間的にも変わっていくような気がします。
これからの先がとても楽しみです。
私は自分の事務所の職員のことを自慢に思いますし、そう思えることはとても幸せな
ことだと思います。

税理士を目指している方から時々メールが来ますが、このコラムを見ていましたら結
果や今の状況をお知らせください。

04/12/12
<合格発表> No75

今年もまた税理士試験の合格発表日がきました。
一応発表日は10日ということになっていますが、5科目合格以外は「通知」を待つし
かありません。
受験した科目に合格すると「一部科目合格通知書」というのが届きますし、不合格で
すと「結果通知書」というのが送られてきて、合格科目がないことが知らされます。
どちらも、宛名のカードと合わせて2枚の紙が入っているだけの、とてもあっさりした
通知です。

5科目合格すると、簡易書留で合格証書(なんと「すかし」入り)が送ってきますし、そ
の到着を待たなくてもインターネットを利用すれば官報で確認できます。
大原で勉強していれば、学校からいち早く連絡もくれます。(これが一番早い)

ところが前述の通り「一部科目合格通知書」と「結果通知書」は、それが来るまで結
果がわからない。
発表日当日につくこともあれば、3日くらい遅れることもあるという困ったものです。
問い合わせもできずに、ひたすら来るのを待つだけというのはとても辛い。
「蛇の生殺し」状態です。

毎年発表日の夕刊に小さく合格者の名前が出るのですが、「あれっ?」今年はない!
掲載しなくなったのかなぁ。
「個人情報保護法」と関係あるのかなぁ・・

04/12/11
<税理士への近道> No74

変なタイトルをつけてしまいましたが、最近メールをいただいた方がいます。
税理士試験の入り口にいる方なんですが、色々な質問を受けました。
税理士を目指すに当たってどういう仕事に就けばいいのか、ということです。
答えは簡単、会計事務所にフルタイムで勤めることです。

税理士という資格を取得することがゴールだと考えるならば、仕事はそこそこに勉強
だけするのが近道ですが、もし税理士になってそれで生活したいのであれば税理士
という資格はゴールではなくスタートに過ぎません。
資格だけ取得しても「それで独立」というわけにはいかないのがこの仕事です。

前にも何度か書いていますが、資格はもちろんのこと経験が要求される仕事です。
資格だけで独立してもおそらく誰も相手にしてくれないと思います。
簿記や税法だけで会社が経営されているわけではありませし、受験しなかった税法
も当然仕事には必要になります。
商法や社会保険、労働保険などの一般的な知識、経営に関する経験の積み重ねや
経済の一般常識、知ってて当たり前の実務等、どれも税理士試験には出題されませ
ん。
そしてそれを補えるのが実務ですし、それらすべての経験ができるところが税理士事
務所です。

結局、税理士になりたいのであれば税理士事務所に勤務するのが1番の近道なの
だと思います。
また税理士事務所でもパートタイムだと、入力などの限定された仕事(単純作業)に
なりがちなので、できればフルタイムの勤務が望ましいでしょうね。

税理士になるのに最短でも5年程度かかるものとして、その期間を無駄にしたくない
のであれば税理士事務所に勤務することを勧めます。
「実務経験は最低5年」と考えればちょうどいいですよ。
税理士試験に合格してから独立するまでの期間は確実に短縮されます。

04/12/01
<雪の量> No73

11月29日から30日にかけて雪が降ったのですが、新聞によると自宅がある東区で
は積雪51センチでした。
北区も29日から雪が相当降っているというニュースを聞きましたし、事務所のある白
石区も30センチくらいは降ったのだと思います。
市内全域「冬」の状態を想像していたのですが、今日仕事で中央区を通り西区に行
きました。
そうしたら中央区の宮の森、西区の山の手などは北に面している歩道に申し訳程度
に雪があるくらいで、そのほかには雪が降った形跡さえなく、道路は完全に乾いてい
ました。
東区と比べると、とても同じ市内とは思えません。
直線距離でわずか10数キロですよ。
恐るべし東区。

思い出しましたが江別市も不思議な町で、春先に江別に向かった時に札幌から遠ざ
かるにつれて雪の量がみるみる増えていくのです。
札幌を出る時には「春」だったのに、石狩川の辺りまで行ったときには「冬」でした。
これも10キロにも満たない距離での話です。

04/11/29
<冬到来> No72

ここ数日の寒さに加え今日はとうとう雪がきました。
札幌も北の方では昨夜から雪が降り続き、今朝の時点で積雪20センチとかニュー
スで言ってました。
自宅がある東区では少し降っていましたが積雪というほどの事はありませんでしたし、
事務所がある白石区では3時くらいまで降っていなかったようです。
その後白石区でも降り続き帰る頃には一面の雪。
自宅の東区ではもっとすごくて積雪20〜25センチくらい、しかも急に降り出したのか
歩道がほとんどなくなっていましたので、前に歩いた人の足跡をなぞるようにかえっ
て来ました。

私の自宅はマンションの5階なのですが、向かいにコンビニがあり夜でも外はとても
明るいです。
雪が深々と降っているさまが良く見えます。(夏はとてもうるさいです)
この様子ですと明日には相当積もりそうです。
時期的に根雪にはならないでしょうけれど。(まさかねぇ・・)

今日で9月決算の申告書の提出も終わり、ちょっとだけ「ほっ」としています。
年末調整の準備もすでに始まっていて、12月中旬頃からは忙しくなりそれが5月ま
で続きます。
どこの税理士事務所も同じような感じなのだと思います。
とうとう今年も「働く時期」が来たようです。

04/11/28
<除去食の顛末> No71
2人の娘のアレルギーから特定の食品が食卓から消えました。
消えたものは卵、乳製品、小麦粉、魚卵、牛肉、鶏肉等です。
そして医師推薦の食品はかぼちゃと人参。
結果として食卓に上がるのは一変し「野菜」「魚」が中心で、見た目はすごく地味な食
事が続きました。
なかでも卵、乳製品、小麦粉がなくなると、料理ががらりと変わるものだとわかりまし
た。
パン食がなくなり、フライ物がなくなり、ハンバーグやオムレツもなくなり・・
影響は結構大きいですねぇ。

でも除去食と薬、サプリメントのせいでアレルギーの症状は改善され、先週末に医師
から除去食を一時中断、つまり通常の食生活に戻してみるようにと指示を受けました。
大喜びの娘は、乳製品に合わせてケーキも買ってもらい食べたところ再びアレルギー
反応が・・
つかの間の喜びに終わるのでした。
実にかわいそうな娘たちです。

04/11/28
<微妙・・ファーブル昆虫記> No70

先日顧問先に行ったときのこと。
事務の方から「ハリーポッターの読み聞かせは進んでいますか?」って。
このHPを見られていたようです。
実はハリーポッターの読み聞かせ全然進んでいないのでした。
理由は簡単、「小学校2年生には難しい」ということ。
もう一人の事務の方(だと思うけど違うかな・・)とも話していたのですが、言葉や内
容が結構難しいのと、上下巻になってボリュームがありすぎることから子供の興味を
維持するのが難しいのでは、と思います。
そしてその方からファーブル昆虫記を勧められました。

子供にはたくさん本を読んでもらいたいと思いますし、事実結構読んでもいるのです
が子供に選ばせるとどうしても「ドラえもんの○○○」とか「ちびまるこちゃんの4字熟
語」とかキャラクターに惹かれての本選びとなります。
もう少し何とかならないものかと思っています。
そこでファーブル昆虫記なのですが、先日書店より先に図書館で見つけたので借り
てきました。
「こども版ファーブル昆虫記」を読んでみました。
さすが昆虫記だけあって、内容はちょっとマニアックです。(アリとバッタの話)
「こども版」なので1時間もあれば1冊読めるのですが、このマニアックさがどうかなぁ・
という感じ。
本屋さんで見つけたら1冊購入して、こっそり子供の机に置いておこうかと思っていま
す。

04/11/15
<弁護士誕生> No69

このHPでリンクしている社会保険労務士・行政書士の内藤さんが司法試験に合格し
ました。
来春から1年半の研修を経て弁護士になります。
比較的身近な人が弁護士になるということもあり、何だか我が事のように嬉しいです。
2月まで今の仕事を続けるようなので、そこで一度リンクをはずしますが、2年後に弁
護士としてリンクさせていただきたいと思います。
後、欲しいリンクは弁理士ですがそれは内藤さんが何とかしてくれると思います。

ご自身のHPに書かれていたのでここに書いても大丈夫だと思いますが、内藤さんは
北大を出て仕事に就き、そして司法試験を目指すことを決めた翌月に交通事故で奥
様を亡くされました。
今回の「合格」には色々な「想い」があるのだろうなって思いました。
大きなマイナスがプラスの原動力に、今回の合格につながったのでしょうか。
人それぞれにドラマがあるものですね。
人一倍努力した内藤さんは偉いと思います。
そしてそういう努力した人がきちんと結果を出したことが、私自身の「嬉しさ」なのだと
思います。
本当におめでとうございます。

04/11/09
<同期の税理士> No68
先日事務所で何気なく「札幌の税理士」を検索していたら知っている税理士のHPを
見つけました。
その方、年齢が私と同じで税理士登録も私と一緒でした。
登録番号が私の次の番号なので、登録時研修も私の隣の席でした。
3年前のことなのに、今はもうずいぶん昔のような気がします。
当初は勤務税理士(補助税理士かな?)でしたが、いつの間にか独立してHPを作っ
ていたのですね。
懐かしくて、そして何だか嬉しくなって思わずメールをしてしまいました。

税理士の独立って結構大変なのだと思います。
自分で開拓したお客様は別として、基本的に担当していたお客様は持って行けませ
ん。
つまり、ほとんどはゼロ又はゼロに近いところからのスタートになります。
経済的にはかなりつらいです。

私自身は事務所を引き継ぐという形で独立しましたが、20年以上にわたってお付き
合いしていただいた法人(ほとんど家族みたいなものです)や、一緒に苦労してきた
法人など数多くあります。
その時間や労力、思い入れに比例して、かなり深い部分でお客様とのつながりがあ
りますので、それらをすべてリセットしてゼロからのスタートというのは、経済的な問
題を抜きにしてもかなりつらい部分があります。
少なくても「そういうつらさ」がないのは、とてもありがたいことだと思います。

04/11/07
<アレルギーと栄養の不足> No67

先日下の娘(4歳)が風邪をひき病院に行きました。
いつもと違う病院に行ったところ、アレルギーの指摘を受けて検査をしました。
かなりの項目にアレルギーがあることがわかったのですが、なかでもホコリとダニに
とても高いアレルギー反応を示しました。
合わせて栄養がかなり不足しているらしいです。
以来我が家では、医師の指示により二つのことをしています。

一つ目はサプリメントの服用と、野菜をたくさん食べること。
「家族全員で」との事で、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、マルチビタミン、にがり、
肝油等のサプリメントと合わせて人参、かぼちゃなどを毎日食べています。
「1日30品目」を目標に食事をしています。

二つ目は掃除です。
ホコリ対策のために、通常の掃除は毎日ですが、ストーブやテレビの後ろ、押入れな
どホコリのたまりやすいところを週末ごと掃除機をかけています。
ダニ対策では、布団に掃除機をかけたり、シーツを毎日取り替えることをしています。
休みごと、部分的に大掃除状態です。
近日中に空気清浄機も購入する予定です。

おかげで、心なしか体調がいいような気がします。
年末の大掃除も今年は楽そう。

04/11/03
<ヒマだったんだけど・・> No66
先週の今頃は、「来週は何をしよう?」という感じだったのですが、9月決算(11月申
告)のお客様が色々と問題を持ち込んでくれました。
状況は一変です。
調べることがたくさんあり、かつ自身の能力の関係でちょっと苦労しています。
そのための本を常に持ち歩いているのですが、これが結構重い。
A4版で厚さが2cmくらい。
合わせて別件の調べ物で、A4版で厚さが3cmくらいの本と交互に持ち歩いています。
その重量もさることながら、気分的にもずっしりと重いです。

月初めは比較的時間があるので、空いた時間で何をしようか考えていたのですが、
しっかり埋まってしまいそうです。
仕事って「何もすることがない状況」は、なかなかないものですね。

とはいえ、「通常の仕事」の他にしたいことが3つあります。
1つ目は、このHPのリニューアル。
ビルダーのV9が今月発売になるので、それに合わせたいと思っています。
年末年始にかかるかもしれません。
2つ目は、「事務所通信Vol 2」の発行。
1年に何回か作りたかったのですが、結局は1年に1回になりそうです。
今月作れなかったら隔年又は取りやめになりそうで、それは避けたい。
3つ目は、内緒です。
こっそりひっそり・・

04/10/26
<冬の入り口> No65

とうとう雪がきました。
先ほどから降りはじめて外は一面真っ白です。
風もほどほどに吹いているのでちょっとした吹雪の状態でしょうか。
必ずやって来る冬とはいえ、心のどこかでなるべく来ないように、あるいはなるべく
遅くに来るように願っていましたが、やっぱり来るんですね。
最も雪自体は明日午後には消えると思いますけれど・・

冬は寒いし、日が短いし、仕事は忙しいし、ゴルフはできないし・・
メジャーリーグ(ヤンキース&マリナーズ)も終わったし、F1も一昨日で終わったし。
「楽しい」ことがどんどんなくなってきます。
それはとても寂しい感じです。
とは言え今年の夏は天候にも恵まれてよく遊びました。
例年になくよく遊びました。
後はひたすら仕事をして、来年の春、そして夏にまた遊びたいと思います。

04/10/20
<10年後の趣味 その2> No64
渓流釣りの話その2は釣り方の話です。
釣り方で思い出したのは@餌をつけてする普通の釣りAルアーフィッシングBフライ
フィッシングの3つの方法です。
他にもあるのかもしれませんが、だいたいこれらが代表のような気がします。

本屋さんで「どの川が釣れるか」というような本をとりあえず購入して、釣り方の方は
いずれ考えようと思っていたら、意外と身近な方が渓流釣りを趣味としていました。
つい2ヶ月ほど前にお客さんになってくれた方K氏は、10年以上前からルアーフィッシ
ングをはじめ、現在は2年ほど前からフライフィッシングをしているとの事。
先日会社にお伺いした際に偶然そのことを知り、仕事そっちのけで延々と話し込んで
しまいました。

K氏にフライフィッシングを勧められました。
理由はその奥の深さ。
フライの作成、技術、餌釣りと違って魚がフライに食いつくその瞬間が見れること等々。
色々と理由は挙げられますが、最大の理由はカッコがいい事。(同感!)

想像します。
見えるのは川と木々の緑だけ。
聞こえるのは川や風の音。
それらを独り占めできる自分の姿。
やはりワクワクしてきます。

04/10/19
<10年後の趣味 その1> No63

今年の夏は、百均で購入した「釣竿セット」が大活躍しました。
海キャンプでウグイやフグをたくさん釣りました。
子供達は大喜びでしたし、実は私自身も久しぶりの釣りを楽しみました。
なにしろ入れ食い状態で、次から次へと釣れます。
例え食べることができなくても、「釣れる釣り」はやはり楽しいです。

先日この「釣竿セット」で、8歳の娘と渓流釣りをしました。
尻別川というきれいな川で、源流は羊蹄山やニセコだと思います。
残念ながら釣果はありませんでしたけれど、ルアー釣りをしている人がニジマスを2
匹釣り上げていました。
大きいほうは30センチメートルを超えていたようです。
色々話をしたのですが、「こういう趣味っていいな」って思いました。

私の趣味のひとつが「登山」ですが、登山のバリエーションに「沢登り」というのがあり
ます。
釣りをしながら川を上っていくと、そこは山になります。
頂上を踏むことがなくても、そういう「釣り」や「登山」があってもいいかなって考え始
めると無性にやりたくなりました。

今はまだ下の娘が3歳で休日も子供中心ですが、10年後子供が親についてこなくな
ったらその時に渓流釣りを趣味のひとつに加えようと考えています。
「釣り」や「登山」のいいところは「一人でもできる」ということだと思います。
想像するとワクワクしてきます。

04/10/07
<言葉を持たない納税者> No62

今日まで3日間税務調査の立会いをしました。
調査の立会いで最近思うことは、税務署から来られる調査官に若い人が多くなって
きていること。
自分が「だんだん年を取ってきた」ということの裏返しでしょうか。

今回の税務調査で考えたことを少し書きます。
大きな問題点がひとつありました。
「契約を取るために仲介者に支払った手数料が交際費に該当するかどうか?」
交際費にされると、支出した金額の1割が所得に加算されます。
当然、追加で「納税」という問題になります。
税務に携わる人でなければなかなか理解できないと思いますし、税務署の方が丁
寧に説明してくれたにも拘らず、私のお客様も「どうしてそうなるのか?」が理解でき
ませんし、納得できない様子。
ところがそれに対抗できる言葉がないんです。
だからこそ私のような仕事があるのだと思います。

いくら税理士でも「黒い」ものを「白く」はできません。
故意または重大な過失については、潔く非を認めます。
しかし、争う余地があればお客様の立場になって代弁します。
最低限の知識と、それを言葉にすることができるのが税理士ですから。
久しぶりに大きな声でしゃべりまくった1日になりました。
帰りがけにその調査官が一言「さすが先生(「税理士」という意味?)だなと思いまし
た」って。
ちょっと嬉しい言葉ではありますが、どういう結論が出るかはもう少し先になりそうで
す。

04/09/29
<近所のラーメン屋> No61

最近のラーメン屋さん、人気のお店は豚骨のスープが多いですね。
比較的近所にもそういう人気のお店がありましていつも混んでいます。
私自身は結構味音痴で、「お腹が空いていればなんでも美味しい」という単純な人で
す。
ただ年齢のせいかだんだんと、くどい味よりあっさり味に好みがシフトしていっている
ようです。

近所にも普通のラーメン屋さんが数件あるのですが、意外と近所って行かないもので
すね。
お店の前は通るけど食べたことがないお店って結構あります。
先日そういうラーメン屋さんに行きました。
ずーっと商売をしているので「そんなに不味くはないだろう」ということと、味噌、塩、
醤油どれも500円というお値段にも魅かれてそのお店に入りました。

老夫婦のお店でしたが、普通に美味しかったです。
豚骨でもなく、あっさり味は好みに合っていましたし、今時500円ですからねぇ。
私が就職した22年前、ラーメンの相場が500円くらいでした。
今は600円〜700円くらいでしょうか、500円で普通のラーメンは食べれませんよね。
ちょっと得した気分でしたが、難点は少し線香臭かったことです。

04/09/14
<旭山動物園> No60

先週末、お友達家族と一緒に旭川の旭山動物園に行ってきました。
日本一入場者数が多い動物園だそうです。
話題の「ぺんぎん館」、「ほっきょくぐま館」(実はビールを飲んでいて見れなかった)
「あざらし館」は、どこも行列でしたがそれほどの待ち時間もなく見ることができました。
ちょっと人気が先行している感はありますが、普段は見ることのできない位置から動
物を間近に見ることができて、見慣れた動物も新鮮な感じです。

「ぺんぎん館」では水中トンネルの中から泳いでいるペンギンを見上げたり、「あざら
し館」では円柱のトンネルを垂直に泳いでいる姿を間近に見たりです。
建設費は相当な額でしょうが、アイディアしだいで見慣れた動物も主役になれるので
すね。
それがすごいと思いました。

札幌からは150キロメートルくらいなので、わざわざ行くにはちょっと遠いかな。
ついでがあればまた行ってみたいと思います。
ちなみに旭山動物園のHPでは、固定カメラによる北極熊とペンギンの動画配信をし
ていますがこれははっきり言ってつまらなかったです。

04/09/09
<不死鳥の騎士団> No59

「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」が9月1日に発売になり、同日この本を購入しま
した。
娘のためと称して自分が読むためです。
前4作は私が読んで、その後要約して娘にお話をしてあげていましたので、内容とし
ては4割くらいのものだったと思います。
それでもドキドキ、ワクワクしながら聞いてくれました。

小学校2年生になったので「そろそろ何とかなるかな?」と、本を娘に渡したものの
一向に読む気配がありません。
改めて文章を良く見ると、ふり仮名や文章が2年生にはかなり難しいようです。
大人にとっては妙にスカスカしたページも、彼女にしてみれば「字がびっしり」のよう
で本を手に取れない気持ちも少しわかります。
そこで「読み聞かせ」をすることにしました。

3日ほど前から始めてまず気が付いたことは、意外と時間がかかることでした。
今日は16ページ読み、25分かかりました。
まだ51ページです。
上下巻全1,358ページを1日30分20ページのペースで計算すると、約68日、時間にし
て34時間かかるようです。
年内に終われるのかどうか、そこまで興味が持続してくれるのかどうか・・・

なかなか核心に至らない前半部分なので「面白いのかな?」と思いつつ読んでいま
すし「おもしろい?」と聞くと首をかしげていますが、今のところ「今日も読んで」と言っ
てきますので多少はおもしろいのでしょうか。
公文や学校の宿題等やるべきことを時間までにやらないと読まない、ということにな
っていますので、興味が続いているうちは時間にメリハリがついて、「本人にはいい
かな」と思っています。
親にしてみても「ひとつの挑戦」かな。

04/09/08
<台風> No58

札幌は台風の影響で大荒れでした。
「風」がすごかった。
事務所の隣のホテルの看板が飛んでなくなっていたり、道路の街路樹が倒れて交
通障害がおきたり、トラックや乗用車の横転もニュースで見ました。
本当に自然の災害は恐ろしいですね。

事務所はマンションの一室ですので、時々電気が瞬間的に消える程度でしたが、そ
のたびごとにコンピューターがUPS(非常電源)に切り替わっていました。
ベランダに置いてあるゴミ箱と観葉植物(私の趣味ではありません)は、被害が出る
前に(8階ですので落ちると大変)あわてて室内に入れました。

風のせいで窓が開けられず、室内は暑かった。
湿度も高かったせいか、季節外れのむし暑さでした。

以前、登山の時に思ったのですが、「自然」ってすばらしくもあり、反面恐ろしいもので
もあります。
どちらの面も人の力の及ばないものですから。

04/09/06
<収穫の秋> No57

週末に畑で収穫してきました。
と、言っても畑を持っているわけではありませんけど。
毎年イチゴ狩りに伺っているところで、畑を3千円分だけ買ってきました。
あくまで「土地」ではなく「収穫物」という意味ですけど。
で、収穫できるものはイモ、人参、玉ねぎで、決められた範囲を自分で掘ってもらっ
てきます。
どのくらいの量かというと、30キロの米袋に、イモ1袋と1/4、人参1/2袋、玉ねぎ
3/4袋位でしょうか。
これらの野菜は比較的長期保存できそうなイメージがありますが、説明によると玉
ねぎの新物などはなるべく早く食べなさい、とかだそうです。
と言っても家族4人で食べる量ですからたかが知れています。
親のところと友達のところにとりあえず配りました。

早速イモを煮てバターで食べたり、イモ餅を作ったり、コロッケを作って食べています。
手造りのコロッケは普通に作っているのにとても美味しいです。
スーパーで作っているコロッケなど、どうしてあんなに美味しくないのか不思議。
家族みんなで作ったコロッケは50数個、主食として食べました。
私も2日間で21個半(娘が残した半分です)たいらげました。

04/08/24
<夏も終わりかな> No56

数日前までの暑さがうそのように感じます。
日中の気温はそこそこ上がるのですが、夏のそれではなくなってきています。
秋に確実に近づいて来てます。

美国のキャンプが最後の海水浴かと思っていましたが、しつこくも週末に最後の海水
浴に行きました。
お盆も過ぎると「海水浴」という感じでもなくなり(クラゲも出没しますし)、さすがに人
も少なく淋しいものでした。
それでもきっちり海に入りましたし、子供と一緒に釣りをしたりカニを獲ったりと、それ
はそれで楽しかったです。

8月は休みもたくさん取れるかなと思っていましたが、お盆休み以外に取れた休みは
1日だけでした。
ただでさえ働く日数が少ないのに、調査で3日取られるとそれ以上の休みは取れま
せんでした。
「じゃあ9月に」とも考えましたがこれはどうなることやら・・

今週から集中して仕事に取り組んでいます。
余った時間で「遊ぶ」のが正しい大人かなとも思います。
もっとも働かないと食べれないというのもあるんだけど・・

04/08/14
<最後のキャンプ> No55

今年最後のキャンプは美国でした。
道外の方には、積丹(しゃこたん)の方がわかりやすいでしょうか。
さすがに美国まで行くと海はきれいです。
潜ったら水中が見えます。

今回水中メガネとシュノーケルを新調しました。
足ひれまで購入してしまいましたが、これは使い方が良く分かりませんでした。
来年以降の課題となりました。
とは言え、我が家にはまだ3歳の娘がいますので、岩場でキャンプというわけにもい
かず、砂浜の海水浴場なので、せっかくの水中メガネやシュノーケル、足ひれなどは
今のところあまり役に立たず。
とりあえず海で漂っていましたが、これをはたしてシュノーケリングというのかどうか・・

いつか岩場で潜って、うにやあわびを獲ってみたいというのが密かな願いです。
獲りすぎるとそれは「密漁」で犯罪なんですけどね。
新聞に載らない程度に・・・

04/08/11
<調査> No54

8月9日より今日までの3日間法人税の調査の立会いをしました。
実は我が家8日、9日とキャンプの予定でして、キャンプの取り止めも考えたのですが
義理の母も一緒でしたので、私だけ8日の夜遅くに帰ってきました。

法人の調査は昨年4月以来、1年4ヶ月ぶりでした。
初日の気温は30度超で、みんな汗だくの中それぞれの仕事をしていました。
気が付くとズボンやシャツは肌に張り付き、あごから汗が滴り落ちると言う感じ。
がまん大会のような調査です。
2日目以降は28度とか27度とか。
「今日は過ごしやすいねぇ」なんて話していましたが、暑さにも慣れるものですね。

3日間の調査は今日で終了。
最終の結論はもう少し先ですが、何事もなく無事終了のようです。
明日から心置きなくお盆休みに入れそうです。
そして、またキャンプです。

04/08/10
<求人広告> No53

以前いただいたメールで、「会計事務所に就職する方法」について問い合わせがき
ました。
方法としては、会計事務所のHPでの求人案内、新聞(北海道新聞)での求人情報、
専門学校の求人広告、就職情報誌による広告等をチェックすることを勧めました。
同業者としてこれらの求人広告は結構目に付きますので、毎日チェックしていればよ
ろしいかと思います。

通常の採用は4月ということでしょうが、会計事務所のそれは少し違うような気もしま
す。
もちろん4月の新規採用もあるでしょうが、税理士レベルの採用を考えている事務所
では税理士試験終了後の今時期が求人の旬なのかもしれません。
今朝の朝刊では3件の会計事務所の求人が掲載されていましたし、これから先も求
人は続きそうな気がします。。
いずれも高いレベルでの求人のようですけれど。

就職を考えている方にとってはなるべくたくさんの事務所に足を運び、ご自分の希望
と事務所の方針について話し合うことを勧めます。
比較することができるに越したことはありませんから。
初めて実務に就く方にとって、最初の仕事(事務所)はその先の自分の基礎となりま
すので将来を左右すると思います。

04/08/09
<遊び疲れ・・> No52

ここ10日くらいの間に、海水浴3回と海キャンプを1回しました。
だいたい子供と同じ事をしていますので、帰ってきた時にはくたくたに疲れています。
遊んだ次の朝などは、疲労が全身に残っていて「自分の身体じゃないみたい」という
感じです。
しかも連日気温30度くらいですから、これも身体にはきついよねぇ。
暑い夏は「嬉しい」反面、とても疲れます。
仕事をするのもちょっとつらい。
年齢のせいもあるかもしれませんが、最近遊び疲れて身体を壊すんじゃないかと危
機感を感じます。

今週末は今年最後(だと思う・・)の海キャンプです。
少しだけ「ふぅ・・」って感じ。

04/08/03
<お疲れ様> No51
今日から税理士試験が始まりました。
たった2時間の試験に1年間を費やすというのはすごいことだと思います。
憶えたことは確実に答えなければなりませんし、憶えていないことは答えられないし
そういう意味では単純な試験なのかもしれません。
所詮は答えをたくさん持っている人が合格するのだと思います。

近年の試験は「満点は取らせない」傾向にあります。
問題の中に「誰も答えられない問題」とか、「全部書いてしまうと解答用紙が足りなく
なる問題」なんていうのもあります。
であれば、できない問題はとばして、できるところを確実に解答するのがテクニックの
ような気がします。
1番悔しいのは、ケアレスミスや時間がなくて分かる問題が解答できなかったという
事でしょう。
合格レベルにある方は、その何点かが合否の分かれ目になるのでしょう。

ともあれ、試験の終えた方にとってはやっと「夏」が来ましたね。
受験生にとっては短い休息でしょうが、しばらくの間勉強から離れて新たな気持ちで
次回の受験に望みましょう。
12月に嬉しい知らせが来ることを願っています。

04/08/03
<今年初めての海> No50

自宅から一番近い海は車で40分ほどのところにあります。
それほどきれいな海でもありませんし、近いだけあって人がすごいです。
が、それでも海。

先週末夕方から「ちょっと行こうか!」と行って来ました。
着いたのが夕方の4時。
日差しは夕方のそれでしたが、気温は27、8度はありちょうどよかったです。
その時間でも人はたくさんいました。
「はまぐり」さえ獲れれば、他はどうでもいいんです。
家族で2時間半、砂を足で探り続けて45個獲りました。

見ると私だけではないんですね。
海の中で怪しい動きをしている人もたくさんいますし、中にはレーキの先にカゴがつ
いたような専用の器具を使っている人もいました。
聞いてみたらそれで結構獲れるそうです。
考えてみたことはあるんですが、探す楽しみや、見つけたときの喜びは半減するだ
ろうということで購入は見合わせました。
獲ったはまぐりは2日に分けて味噌汁でいただきました。
美味。

04/07/31
<海に行かなきゃ!> No49

例年6月中には海に行きます。
キャンプも含めて5〜6回は行くのですが、今年はまだ一回も行っていません。
自分でも「あれっ?」って感じでしたが、きっちり借りは返そうと思います。
職員に話して笑われたのですが、私は砂浜で「はまぐり」を獲るのが大好きです。
焼肉に間に合えば焼いて醤油をたらして食べますし、間に合わなければ翌朝の味
噌汁に入ります。
早くそれをしたいです。
もうひとつ砂浜の楽しみは、「穴掘り」です。
ひたすら大きな穴を掘って自己満足。
でも、子供たちも喜ぶ、役に立つ穴です。

明後日、今年初めての海に行きそうです。
残念ながら砂浜ではないので「はまぐり」は無理そうですが、何か楽しみを見つけて
こようと思っています。

04/07/30
<暑い!2> No48

札幌は連日30度を超える暑さが続いています。
今朝の新聞では札幌の予想最高気温33度・・・だいたいそんな感じの一日でした。
ちなみに沖縄のそれは32度でしたが、そういうこともあるのですね。
ちょっと「びっくり」です。

最近は外出の連続で、車にはエアコンがありますので結構快適でした。
が、今日は1日事務所で仕事をしていましたので暑いのなんのって。
仕事に集中していて気が付いたらあごから汗が滴ってくるとか、立ち上がるとズボン
の太ももの辺りが汗でぬれているとか。
このくらい暑いとどうでもよくなります。
どうせ着ているものはクリーニングに出すからって。
時々涼を求めて下の銀行(寒いくらい・・)に行ったり、隣のダイエーに行ったり。
今日はアイスのまとめ買いをして職員に「好きなだけ食べていいよ」って。
ほんの気休めでした。

昨年は30度を越える日がなかったのですが、今年は連日です。
暑いのは苦手だけれど、冬の長い北海道に住んでいると「いつまでも暑い日が続い
てもいいかな」って思います。
夏を楽しまなければ。

04/07/25
<花咲ガニって知っている?> No47

「花咲ガニ」ってご存知でしょうか?
根室の花咲港で水揚げされるのですが、その絶対量の少なさからかあまり流通して
いないような気がします。
大きさは毛ガニとタラバガニの中間くらい、タラバより激しいトゲトゲ、色も赤みが強い
です。
足の数が1対少なくて8本です。
味も濃くて、タラバのような大味でもありません。
つまりとても美味しいんです。

先に書きましたが絶対量の少なさからか、根室の水産会社との取引がないせいか大
手スパーではまずお目にかかりません。
ところが近所の小さなスーパーでは、季節が来るとこの花咲ガニが店頭に並びます。
しかも高くないんです。
今日も小さなカニでしたが、2はいで680円と嘘のようなお値段でした。
迷わず購入。
しばらくは週末このスーパーに通いそうです。
ちょっとした夏の楽しみです。

04/07/25
<暑い!> No46

連日30度前後の気温が続いています。
週末は学童保育のキャンプがあり、その暑さを楽しんできましたが仕事にはつらい気
温です。
事務所が普通のマンションに入っていますのでエアコンがありません。
現在の電力会社との契約アンペアではエアコンの設置が難しい状況のようです。

2月にコンピューターの更新の際、レーザープリンタ2台を含めて電源を入れて、電気
湯沸かし器、掃除機でブレーカーが落ちました。
以後、ちょっと神経質になったいます。
エアコンの電源を入れてブレーカーが落ちるのでは仕事にならないし、契約アンペア
を変えると通年で電気料が上がるし・・・
今年は無理にしてもちょっと思案中です。

エアコンがあるのと、ないのとでは仕事の効率も違うと思いますし、交通量の多い通り
に面していますので窓を開けていると電話にも支障があります。
とか、色々理由を考えているこの頃です。
暑いのは苦手なんです。


04/07/16
<全英オープンと税理士試験> No45

今夜からゴルフの全英オープンが始まります。
そしてこれが始まると「もうすぐ税理士試験だなぁ」と思います。
受験生だった頃、全英オープンが見たくて見たくて、でも見れない。
仕方なく4日分録画して試験が終わってから見ていました。
今はと言うと、翌日の仕事もあるので少し見て後はやっぱり「録画」になります。

税理士試験も最後の受験が平成12年ですので、もう4年も経ちました。
今にして思うと、「今までのうちあれほどひとつのことに集中したことはない」という感じ
です。
密度の濃い時間ですので、終わった時の開放感もそれに比例するものでした。
今はどんなに仕事をしても、どんなに忙しくても「試験後の開放感」に匹敵するものは
ありません。
同じ経験をもう一度したいかと聞かれれば答えはもちろんNOですけど・・

受験は大変だけれども貴重な経験になると思います。
税理士試験まで後半月程、一番つらい時期ですが頑張って乗り越えましょうね。
私は「つらいこと」や「苦しいこと」も自分の人生の一部だと思っています。
他の人に肩代わりして欲しいとも思いませんし、できればそれを楽しみたいと思ってい
ます。

04/07/12
<結構忙しい?> No44

自分でも「あれっ?」っという感じなのですが、7月なのにちょっと忙しいです。
例年7月は、規模の大きなお客様が1件あり少し神経を使うのですが、今年はそれに
加えて3件の決算が増えました。
件数的には3月、2月に次いで5月が多いかもしれません。
この時期に忙しいとは、我ながらちょっと意外です。
ただ、6月、8月がとても暇な時期なので、多少件数が多くても十分対応はできそうで
す。

個人的な希望としては9月から11月の決算法人がお客様になってくれると年末年始の
資金繰りが楽になるなぁ・・なんて思っていますが、そうそううまくはいきません。
どんな商売もそうですが、1年間、あるいは毎日平均して売り上げがあがると経営的に
は楽ですよねぇ。
北海道は「冬の期間」がありますので、特に土木業、建設業などは季節の影響を受け
ますし、そうすると通年雇用も難しくなります。
毎月同じ売り上げですと雇用の効率も良いのですが、忙しい時期と暇な時期があると、
どの時点に合わせて人をそろえるか、ってこれが問題ですね。

04/07/04
<キャンプ!> No43

1年に2〜3回のことですがキャンプに行きます。
テントを張ることもありますし、バンガローを借りることもあります。

先週のキャンプは3家族でバンガローを2棟借りてのキャンプでした。
設備が整っていることと、札幌から比較的近いのとで、シュラフや調理器具、食器、
食材等の準備で済みますし、今回は参加したうちの一人(お父さん)が料理マニアで
ずいぶん楽をさせていただきました。
ちなみに今回のメニューはブイヤベースでした。
使った魚はなんと「きんき」です。
なんという贅沢!

ブイヤベースを作りながらツブやアサリ、エビを焼いて食べたり、スモーカーでベーコン
やスモークチーズを作ったりと盛りだくさんのメニューでした。
みなで和気藹々と作る料理、そしてビール。
私にとってはとても贅沢な時間でした。

ちなみに今回の私の役割というのは翌朝、コーヒーや紅茶、子供たちのココアを作るこ
とくらいでした。

04/06/27
<やっぱり!> No42

山菜の話なのですが、ウドやタラの芽、フキ、わらびなどの山菜は食べるのはもち
ろん、採りに行くのも好きで1年に数回ですが時期を見ては山に入ります。
今年はウドが1回、わらびが2回です。

実は以前からうすうす感づいていたのですが、ゴルフ場って山菜の宝庫なのでは・・
先日妻とゴルフに行ったときのこと。
コースを回っている最中、時々わらびを見かけました。
もちろん下手なゴルフなのでゆっくり探すこともできずに18ホール回ったのですが、
最後のホールからクラブハウスに向う途中、わらびの群落を見つけてしまい見過ご
すことができない性分の夫婦。
カートを止めて「採るか?!」ということになり、夫婦してわらび採りに興じました。

面積にして畳6枚くらいのところにわらびがたくさん生えていて、時間にして5分、
100本くらい採れました。
その後何事もなかったようにクラブハウスに戻りました。
ゴルフに行って山菜を取ってくるのは、うちくらいなものだろうなぁ・・
きっと来年もこの時期に、あのゴルフ場に行くんだろうなぁ。

04/06/22
<前日の追加> No41

ヤフースポーツのF1の掲示板を見ました。
局地的に盛り上がっていてびっくり。
87年当時から見続けている人たちは、大体同じようなことを考えながら見ている
ようです。

近年のF1ドライバーに個性がなくなってきたこと、佐藤琢磨にナイジェルマンセル
を重ねてみている人がいること、スタジオの「永井君とゆうちゃん」がじゃまくさいこ
と等々。
「やっぱりそうだよねぇ」とか思いながら、楽しんでみていました。(仕事しろ!)
共通して感じるのは佐藤琢磨に対する期待の大きさです。
そして皆さんの喜び。
こういう日が来ることを皆待っていたんだなぁ。

掲示板の難点はスレッドが多すぎるのと、意味不明の書き込みでした。

04/06/21
<祝!3位表彰台> No40

佐藤琢磨がとうとうやりました。
14年ぶり、鈴木亜久里以来の3位表彰台です。
中嶋悟の時代からF1を見てきているせいか感慨もひとしお、興奮のレースでした。
同じ想いでレースを見た同年代の方も多いのではないかと思います。

フジテレビがF1の放映を始めたのが87年のこと。
当時はホンダのエンジンが最強で、ターボ全盛の時代でした。
日本人初のフルタイムのF1ドライバーが中嶋悟、今は懐かしいキャメルロータスホ
ンダです。
最高位はイギリスGP、シルバーストーンでの4位。
そしてこの年から日本でのF1が始まりました。

90年に鈴木亜久里が3位表彰台に上がったものの、以来日本人ドライバーの活
躍も目立ったものはありませんでした。
いつか世界に通用するようなドライバーが出てくるものと思っていましたが、マシン
や体制にも恵まれなかったせいか期待はずれ。
ヨーロッパで始まったモーターレースに日本人は勝てないのか、と思っていました。

歴代の日本人ドライバーと佐藤琢磨の大きな違いはスピード(速さ)と強引さです。
予選の順位と決勝のバトルがそれを証明しています。
そしてそれが今までの日本人になかったものだと思います。
ナイジェルマンセルのような佐藤琢磨の、今後の走りに期待です。

04/06/14
<暑かった!> No39

今日の札幌の最高気温は30.4度。
2年ぶりの「真夏日」、しかも6月に30度を超えたのは7年ぶりだそうです。
去年の夏は暑い日がなかったもんなぁ。
もっとも6月に30度超えたからと言って、夏に暑いとも限りませんが・・

今日の最高気温はお昼前に記録したようですが、ちょうどその時地下鉄駅に向って
歩いていました。
本当に暑かったのですが、湿度が低いせいと久しぶりの暑さに何だか楽しく感じまし
た。

本来は暑いのが苦手で、25度も超えると「仕事したくない」「何もしたくない」という
体質(と、言うよりは性格でしょうか)なのですが、今日は仕事らしい仕事をしていな
いせいでしょうか。
午前中保育園の行事に参加して、午後は税理士会の仕事をして、という1日でした。

04/06/14
<七輪で焼肉> No38

今年初めて七輪で焼肉をしました。
昨日のことです。

日曜日に予定もなく、天気も良かったので車で10分くらいの公園に行きました。
皆さん同じ事を考えるのか、広いバーベキューコーナーは人であふれかえっていま
した。
七輪持参のいいところは、場所取りがまったく必要ないということと、少人数であれ
ば炭もあまり使わず結構経済的です。
ただし大人数にはむきません。
ベンチも持参ですし好きな場所で焼肉が楽しめます。
少々荷物が増えますけれど。

焼肉にビールというのはこの上ない幸せですが、「炭を熾す」という行為も大好きで
す。
焚き火ができれば言うことがないのですが、これはたいていの場所では無理。
もっとも焚き火で焼肉はできませんけど。

この七輪も3年くらい使用したので、底が抜けてきて今年は新調しなければならな
いようです。
お値段的にはすごく安いものなので、とっくに元は取りました。
今年も七輪が大活躍しそうです。

04/06/08
<人間ドック> No37

2年ぶりに健康診断を受けてきました。
それ以前は3年間毎年受けていたのですが、自営業になってから健康保険も任意
継続になり、そのせいか昨年は健診の案内も来ませんでした。
2年ぶりでしたので、「あれも」「これも」と欲張った内容になりました。
が、いざ健診間近になると、それらの「あれも」「これも」はとても憂鬱になってくるの
でした。
「悪いところを見つけられたらどうしよう?」などと、本末転倒的なことを考えてしまい
ます。
「知らないのが一番」とか、本気で思ってしまいます。
結局、「健康に留意して」の健診ではなく、単なる「義務」なんでしょうね。

朝7時について終わったのが11時頃。
検査の時間より待ち時間のほうが圧倒的に多く、普段は見ない雑誌をずーっと見て
いました。
朝食を食べれないことから空腹で、オレンジページなんかも何冊か読みました。
気休めにもならないんだけれど・・

一番嫌いな検査はバリウムを飲んでの検査です。
何度受診しても慣れることができません。
「バリウムを飲む」行為が大嫌いで、その後に下剤を飲んで「何時出るかわからない
」というのが嫌です。
皆さん同じではないかと思います。

そのうちに結果が郵送されてきますが、再検査がないことを願っています。
気のせいか、エコーの検査結果が気になっています。

04/06/02
<調査> No36

今日から印紙税の調査がありまして、立会いをしてきました。
「3日くらい」と思っていたら、なんと1日で終わってしまいました。
暇な時期とは言え、「ボー」っと3日間過ごすのはつらいので、いろいろと読まなけれ
ばいけない本などを持参したのですが、ほとんど読まずに終わりました。
それでも1日で終わったのは嬉しい誤算です。
調査自体も、当然「問題なし」でした。
「当然」と思いながらもやはり「ほっ」とします。

前にも書きましたが、この仕事について22年になりますが「印紙税」の調査は初めて
です。
本来は印紙を貼っていない課税文書を集めるべきなのでしょうが、多数の領収証をす
べて確認するのは技術的に不可能なようです。
領収証を発行した相手先すべてに確認を取らなければなりませんからねぇ。
そこで購入した印紙の総額と、領収証に貼らなければならない印紙の総額を比較して
差異がなければOK、著しく購入した印紙の額が少なければ「課税」ということになりま
す。

ちなみに貼らなければならない印紙を貼らなかった時の罰則は、その印紙の額の3
倍です。
200円の印紙を貼らなっかたら600円払わなければならないということです。

04/06/01
<数で見る税理士> No35

面白い記事がありましたので紹介します。

税理士は平成15年度末で全国に67,370人いるらしいです。
税理士法ができたのが昭和36年の事、当時の数で11,782人。
その後平成5年までの間、6〜7年間で1万人ずつ増加してきましたが、それ以後は
増加のペースが鈍化し、平均で年650人程度。
7万人に達するのは平成19年ぐらいでしょうか。

都道府県別に見ると東京都が断突で17,883人、以下大阪府7,341人、愛知県
4,445人、神奈川県4,062人、兵庫県2,444人、千葉県2,267人、北海道1,
983人と続きます。
最下位は鳥取県の170人、以下佐賀県193人、島根県197人、高知県の202人、
秋田県252人、岩手県257人、青森県289人。
経済規模の違いでしょうか?
北海道については面積の違いのような気もしますが、そのほとんどが札幌市に集中
しています。

資格別の税理士登録者数では、一般試験合格者43.75%、特別試験合格者24.
2%、試験免除者22.19%、公認会計士・弁護士9.23%、その他0.63%です。

ちなみに税理士67,370人の内、女性は7,182人だそうです。
これからはどんどん増えそうです。

04/05/31
<興奮> No34

F1の話です。
先週末のヨーロッパGPで日本人ドライバーの佐藤琢磨が予選でフロントロー(つまり
予選2位です)を獲得しました。
自身の記録を更新する順位で、もちろん日本人で初めてです。
予選の順位は「速さの証明」ですから本当にすごいことだと思いますし、その分レース
も楽しみで、久しぶりに夜更かししてテレビを見てしまいました。

レース終盤、「3位表彰台確実」というところで2位のバリチェロを強引にオーバーテイ
ク、接触によるピットストップ、その後エンジンブローによりリタイヤ。
ポジションキープで表彰台に上がる姿を見たかった、と言うのが正直な気持ちです。
が、さらにその上のポジションを狙った佐藤琢磨は、ひょっとしたら今シーズン中にもっ
とすごいシーンを見せてくれるかもしれない。
そういう期待を抱かせる今年のF1は目が離せません。

ちょっと気になるのが、レース中時々日本のスタジオに画面が切り替わり、そこでは
若い男女が応援のエールを送ったりしています。
あれは恥ずかしいから止めて欲しい。
わけのわからんアイドルを現地に送るのも止めて欲しい。

フジテレビ+ホンダ+アイルトンセナで一気に盛り上がったF1は、アイルトンセナの死と
ともにその人気も一気に下降していったような気がします。
中島悟、鈴木亜久里、片山右京・・歴代の日本人ドライバーを見てきたものとしては、
もう少しちゃんとしたスタッフをそろえて欲しいと思います。
「オヤジ」っぽい意見なのだとは思いますけれど。

04/05/31
<仕事から離れる> No33

1年で一番忙しい時期が終わりいつも思うことは、「しばらく仕事から離れたい」という
ことです。
もちろん長期間仕事を休むことはできませんが、家族と楽しい時間を過ごしたり、自分
の趣味を満喫することで、一時的に気持ちが仕事から離れることができます。
リフレッシュですね。

先週末は子供の運動会がありました。
天候にも恵まれ、娘の元気に走る姿を楽しんできました。
親しいお友達のご家族と一緒に、そしていつもの通り缶ビール片手に。
もうひとつの楽しみです。

そして今日は1日休みをいただき、身内でのゴルフ。
あいにくの雨ではありましたが、気兼ねのないゴルフで1日遊んできました。
楽しい週末を過ごしたので、明日からまた仕事に臨めそうです。
明日からまた集中して仕事をして、隙を見て遊びたいです。

04/05/28
<米25万トンについての考察> NO32

米25万トンと言えば皆さんご存知の北朝鮮の話です。
このコラムでは、「政治」や「経済」について意見は書きません。
それは「思想」とか「ポリシー」の問題ではなく単に「無知」というのが理由です。
今回の「米25万トン」は数字の話です。

皆さんは「米25万トン」がいったいどのくらいの量で、どのくらいの価値があるのか想
像つきますか?
1トンは1000キログラムですから、25万トンは250,000,000キログラムです。
小売値で10キログラム4千円で換算すると約1千億円、医薬品と合わせて1,011億
円でしょうか。(昨日のニュースで25万トンのうちに小麦、とうもろこしが含まれてい
て70億円、医薬品と合わせて80億円程度との報道がありました。小売値との比較
は単純にはできないようです。)

25万トンという重さは、成人男子一人60キログラムで換算すると約416万人。
どうやって運んだのでしょう、あるいはどうやって運ぶのでしょう?
船で運ぶのかな?いったい何隻の船?
造船業のHPを覗いてみると12万トンクラスの船があるようですが。

ところで、北朝鮮の人口を知っていますか?
外務省のHPでは、推定2,255万人となっています。
北朝鮮に対する情報はさすがに少ないようで、人口や経済のほとんどが「推定」の数
字でした。
今回の25万トンの米等でどの程度の期間が賄えるか?
成人が年間60キログラムの米を消費すると仮定、子供や老人も考慮して一人年間4
5キログラムの消費で計算すると、約4ヶ月間の食料です。
あくまで主食だけですけど。

我が子の命の重さを考えた時、金銭では換算できません。
それは誰もが同じ思いなのではないでしょうか。
そう考えると、戻ってきた5人の命の代償は決して高いものではないと思います。
1日も早く、拉致された方々が日本に戻ってこれることを願っています。

04/05/27
<3月決算が終わりました> No31

札幌も気温27度を超えたようで暑い1日でした。
今日、3月決算の最後の申告書を書き終えました。
提出は明日です。
12月から始まった忙しさも5月をもって一段落で、「ほっ」としています。
机(2つ使っています)の上や、床の上から久々に書類がなくなったのは本当に気持
ちがいいものです。
もちろん決算だけが仕事ではないので、色々としなければいけないことはあるので
すが、しばらくは「ただよって」いようと思います。

今回の3月決算で感じたことは「そろそろ限界かな?」ということです。
時間や体力的にはまだまだ余裕があるのですが、精神的には「もうダメ」って感じ。
「何も問題がない決算」というのは、まずありません。
それぞれに大小の問題があり、解決できないまでも一緒に、あるいは一人で考えま
す。
絶対の答えはありませんから、悩んだり困ったりの1ヶ月でした。

04/05/17
<忙しいのもあと少し> No30

先週から忙しさもピークを迎え常に3、4件同時進行で仕事をしています。
時々自分でも何をしているのかわからなくなりますがそれも毎年のこと。
昨年より3月決算が2件増えているのですが、毎年月末が来るとちゃんと申告は終
わっているのが我ながら不思議です。
そういう忙しさも後10日ほどで終わりです。

例年「6月になったら何しよう?」って、楽しいことをいろいろ考えるのですが今年は
6月に入ってすぐ調査があります。
しかも印紙税の調査です。
法人税の調査でしたら緊張もするし、気合も入るのですが印紙税だもんなぁ・・

この仕事について20年以上になりますが、印紙税の調査は初めてです。
印紙税の脱税って、するとすれば、組織的に意図的にしない限りありえない「脱税」
だと思います。
間違って、あるいはうっかり貼らなかったという可能性は無きにしも非ずですが、そう
いう意味では今回の調査は全然心配していません。
なのにどうして調査なのかなぁ・・

04/05/15
<ささやかな楽しみ> No29

4月からインターネット回線が常時接続になったのですが、最近メジャーリーグの試
合状況をリアルタイムでモニターしています。(ヤフーのスポーツサイトです)
試合はたいていお昼くらいまで続くので、事務所にいる時は仕事の傍ら時々チェック
するのがささやかな楽しみとなっています。
そしてイチローやW松井の活躍に一喜一憂しています。

休みの土曜日などもBSで時々メジャーリーグの試合を見ますが、日本のプロ野球よ
りずっと迫力があり面白く感じます。
同じくBSでPGA(ゴルフ)も時々見ますが、これも日本のそれより面白い。
野球にしてもゴルフにしてもアメリカのそれは世界最高の試合ですが、その最高の舞
台で日本人が活躍する姿が見れるのはとても楽しいです。

今日は土曜日でしたが仕事をしていました。
午前中はメジャーリーグ、午後からは日本ハムファイターズの試合をチェックしながら
の仕事でした。
ちょっとだけ気持ちが潤います。

04/05/12
<風邪をひいてしまいました> No28

この忙しい時に風邪をひいてしまいました。
普通こういう時にはひかないはずなんですけど・・
風邪薬は一応飲んでいるのですが、少しずつ悪くなってきているようです。
所詮風邪薬は、風邪を治すための薬ではなく、風邪の症状を緩和する薬ですね。
わかってはいるのですが、あまりひどい状態では仕事にならないしお客様のところへ
も行けないので、仕方なく飲んでいるしだいです。
仕事の方も佳境を迎えつつありますので、そのうちに「きっと直る」とタカをくくっている
のですが、さてどうなるでしょう。

たぶんどこの会計事務所でも一番忙しい時期を迎えているのではないかと思います。
私の事務所でも3月決算が一番多くて10数件あります。
その内9件が私の担当です。(来年は職員に割り振ろう・・)
すでに終わっているのが2件、現在手がけているのが3件同時進行で間もなく終わり
そうです。
残り4件が手付かずの状態です。
簡単なものから手がけていますので、だんだんつらくなっていきます。
毎年何とかなっているので、今年もきっと終われるものと信じて頑張ります。

04/05/06
<初ゴルフ> No27

今年初のゴルフは強風の中でのプレーでした。
時々突風が吹き、じっと立っていられないほど。
久しぶりに空振りも経験しましたが、これも1打。

毎年のことながら春のゴルフは風との戦いでもありますが、技術はともかく気分的に
もちょっとめげてしまいます。
パーもとれずに、2打連続でOBしたりと、いつもより20打くらい余計にたたいてきまし
たが、それでも半年振りのゴルフは楽しかったです。
今年は、仕事や私生活に差しさわりがない程度にたくさん行きたいです。

今回は、昨年ゴルフを始めた職員と一緒に行ったのですが、スクールに通っているだ
けあって以前よりずいぶん上達していました。
今年中に河川敷でないゴルフ場に連れて行きたいです。

04/05/03
<日本ハムファイターズ> No26

遅ればせながら昨日、日ハムの試合を札幌ドームで見てきました。
初めての地元球団ということで興奮のしまくりでした。
サッカーもそうですが、野球も「地元」の球団があるということはとても嬉しいです。

普段野球などほとんど見ませんし、ましてパ・リーグの試合など見たこともありません
が、これが「地元」というだけで全然違うものなのですねぇ。
これからもできる限り見に行きたいものです。
新庄選手がグランドに出る時、そして戻ってくる時は元気に走ります。
これが実にかっこいい。
小笠原選手の打撃フォームもかっこいい。

実は今回招待券をいただきました。
タダ券だとお金がかからなそうですが、家族で行くとなると結構かかります。
往復の交通費、弁当代、飲み物代、応援グッズ等しめて1万円でした。
私のビールを控えるともう少しリーズナブルになるかもしれません。
今我が家ではいかにお金をかけないで観戦するかを検討中ですが、如何せんビー
ル代は変わらないだろうなぁ。

今年はできるだけ見に行きたいと思いますが、札幌にプロ野球チームが定着するか
どうかは、最後は成績なのだと思います。
優勝を争えるチームであれば間違いなく皆見に来ると思います。
そういう意味では、強いチームであって欲しいです。

04/04/21
<家庭訪問> No25

今日、上の娘(小2)の家庭訪問がありました。
事前にスケジュールのプリントが配られまして、そこには「子供の性格や行動、長所、
担任への希望等についてお聞きしますので要点をまとめておいてください」と、いうよ
うなことが書かれていました。
合わせて、当日は玄関で失礼いたしますって。
噂には聞いていましたがこの先生、「家庭訪問」ではなくて「玄関訪問」なんです。
そんなのありか?

結構怖い先生らしく、我が娘も進級以来プレッシャーがあったようで、いい機会だから
思うところをワードで入力、プリントして紙の形で渡すことにしました。
そして今日、妻がその紙を先生に渡したところ、「それでは!」と、ものの数秒で帰り
かけ、妻があわてて追いかけて先生を捕まえて「うちの娘は学校でどうですか?」と
いくつかの質問をしたそうです。
いいのかこれで!

家庭訪問って少なくても家の中に入り、どういうところで生活しているのかを見て、そ
して子供のことについて実際に話をするものだと思っていました。
普通そうですよねぇ。
昨年の先生がとても良い先生だったので、このギャップのすごさが今だ信じられない
思いですが、子供は親以上に「良く分からない」のではないかと思います。
ここから先の1年が心配です。

04/04/14
<大失敗> No24

昨日も書きましたがADSLに回線変更したことに伴い、合わせてメールアドレスも変
更しました。
今までのアドレスが4月いっぱいで使えなくなるので(予定)、今日お客様及び関係
者に「アドレス変更」のメールを出しました。
と、ここまでは良かったのですが安易にも「一括送信」してしまいました。

このメールを受けた方は、相互に私が誰々に送信したのか「名前」と「アドレス」が分
かってしまいます。
早々、お客様からご指摘を受けました。
怒っている様子ではありませんでしたが・・・
仕事上のお付き合いの方に送信したメールなので実害はないと思いますが、大失敗
をしたと深く反省しています。

「個人情報の保護」が叫ばれる昨今ですので、明日以降「苦情」や「お叱り」の言葉
をいただくかもしれません。
明日は早速、「お詫び」のメールを配信いたします。
もちろん1件ずつ。
「急がば回れ」・・・本日の教訓でした。

04/04/13
<ADSL> No23

今日事務所のインターネット回線がADSLになりました。
40Mだそうですが実際は8Mくらいだそうです。
ずいぶん目減りするものなのですね。
当然、常時接続なので時々息抜きに遊んでいます。
その分セキュリティがちょっと心配です。

今まではISDN回線でしたので確かに早いですが、「驚くほど」って感じもしません。
直接収入に結びつかない支出ということで多少抵抗はありますが、これから始まる
電子申告やストレージサービス(インターネット回線でのデーターのバックアップ)の
ためにはやむを得ないようですし、何より「そういう時代」に最低限遅れたくはありま
せん。

今回一番嬉しいのはメールアドレスが変更になったことです。
今までは前の経営者のアドレスをそのまま使っていましたので、やっと自分の名前
でアドレスを取得することができました。

04/04/07
<今年のF1GPはおもしろいぞ!> No22

F1GP第3戦はバーレーンでした。(バーレーンってどこ?)
初開催です。

日本人ドライバーの佐藤琢磨が今年BARホンダからレースに復帰しました。
過去何人かの日本人ドライバー(憶えているだけで7人います)がF1にフル参戦し
ましたが、前評判ほどには活躍せずに、たいした結果を残せず数シーズンでいなく
なりました。(鈴木亜久里の3位表彰台は別だけど)

88年からF1を見てきて思うのは、トップドライバーは「初めてのコースでも早い」と
いうことです。
それが才能なのだと思います。
そして今回初開催のバーレーンGPで佐藤琢磨が予選で5位、決勝でトラブルを抱
えながらの5位入賞でした。
しかもオーバーテイクやブロックのシーンも見せてくれましたし、久しぶりにバトルを
見せてくれました。
近年のF1に欠けていたものを、日本人が見せてくれたことに興奮です。
トラブルがなければさらに上位に、あるいは表彰台に上がれたかもしれません。
今年のF1は目が離せません。

04/04/05
<さりげなく増税> No21
いったいどれだけの人が知っているのかは分かりませんが、来年から老年者控除
が廃止されます。
そして、公的年金控除も65歳以上の方は課税が強化されます。
所得税法の話です。

つまりどういうことかというと、65歳以上の方で公的年金の受給を受けている方は、
所得税法上、受給している年金に対する公的年金控除と、別枠の所得控除である
老年者控除をダブルで適用を受けることができました。
ところが来年(平成17年)からは、老年者控除が廃止され、公的年金控除も優遇さ
れるのは老年者控除分の50万円のみです。

文章で読んでも良く分からないでしょうから具体的な金額で説明します。
65歳以上の方が公的年金を受給している場合、昨年まで228万円(公的年金控除
140万円、老年者控除50万円、基礎控除38万円)まで税金がかかりませんでした
が、来年からは同じ年金の金額でしたら7万円(公的年金控除120万円、基礎控除
38万円)の税金を納付しなければなりません。
単純計算ではありますけど。

それがいいのか悪いのかは私には分かりません。
が、私自身、2ヶ月くらい前に新聞で読みましたが記憶があいまいで、「改正税法」の
本を読んで「やっぱりそうなんだ」と確信したのが2日前のこと。
一般の方が、それも高齢の方がこの事実を知っているとは私には思えません。
いいのかなぁ、こんなんで。

消費税なんかもこの4月から総額表示に変わりました。
これって消費者の立場からするとある意味確かに便利なんだと思います。
でも、レシートを見てみると今まで「本体価格」と「消費税」が対等に表示されていたの
に対し、4月からは総額表示(税込価格)が主で、「内消費税」が従たる表示のような
感じになりました。
そのうちに消費税自体の表示がなくなるかもしれません。

近い将来消費税の税率は確実に上がります。
それが7%なのか10%なのかは現段階では分かりませんが、「いざ増税」の時に国
民感情をなるべく逆なでしないように、さりげなく増税に移行できるようにとの伏線が
今回の総額表示なのだと思います。

老年者控除の廃止や公的年金控除の縮小の周知、消費税の総額表示はどれも「騙
し」に感じる今日この頃です。
こんなんでいいのか?

04/04/02
<春はどこに行った?> No20

しばらく書き込みをサボっていました。
別に忙しかったわけでもなく、むしろここ2週間くらいは比較的ひまでした。
ひまになると、とたんに全てにおいて手抜きになってしまう性格のようです。
忙しいほうが「あれもやって、これもやって」と思考も行動も活発化するみたいです。
仕事の方は来週から忙しくなりそうです。
それは楽しみでもあり苦しみでもあり、ちょっと複雑。

札幌は4月に入ってから「冬」に逆戻りしたみたいです。
毎日パラパラと雪が降っていますが今日の雪で、あたり一面白くなりました。
北海道の4月ってこんなんだったっけ?
なんとなく今年の天気はちょっと変だと思います。
来週は暖かくなるのかな?

04/03/22
<ひょっとして古いタイプ?> No19

メールの話しです。
誰かから来たメールに返信するとき皆さんは「件名」どうします?
リターンで返しますか?それとも新たに考えますか?
私は仕事の用件でしたら結構Reで返しますが、プライベートの場合は極力「件名」を
考えます。
が、時々その「件名」が思い浮かばず苦労するときがあります。
自分でも「ばかばかしい」とは思うのですが、Reで返して再びReで返って来たらどう
しようとか、そうなると「はたしてそれは件名なの?」とか考えたりします。
こういうことをまじめに考えてしまうのは、古いタイプの人なのかもしれません。

嬉しいことに今日久しぶりに1人でネクタイを結ぶことができました。
昨日まではうなりながら、半分泣きながらでしたけど。
気温のせいか、肘が少し良くなっているようです。
暖かい1日でしたから。

04/03/20
<個人的なことですが・・> No18

左肘に持病を持っています。
小さなときの骨折が原因で、1度手術をしたのですがこれが1年に一度位痛みます。
今年もその時期が来て、しかも今までになくひどい状態です。
普通は腕を伸ばした状態から曲げた状態まで150°位は曲がると思うのですが、今
現在70°位しか曲がりません。

曲がらなくてはじめて分かったのですが、できないこととがいくつかあります。
顔を洗うのに左手が使えません。
ワイシャツの一番上のボタンが留められません。
一番困るのがネクタイが結べません。

暖かくなると治ると思うので(たぶん)、早く暖かくなって欲しいです。
3月も後半になりましたが、思うほど暖かくない毎日が続いているような気がしますが
例年こんなものでしたっけ?
雪は少しずつ融けていっているようですけれど。

04/03/18
<ほっと一息> No17

3月15日に所得税の確定申告書の提出が終わりました。
例年1〜2日前に提出が終わるのですが、諸般の事情により今年は15日になりました。
相変わらずの車の行列で、一人で提出に行かれた方は大変だったのではないかと思
います。

私のほうは事情が分かっていますので、3人で出かけて1人が車に残り2人が提出と、
手馴れたものなのですが、最終日ともなるとその提出に時間がかかりました。
これは予想外。
札幌市5署のうち中税務署を除く4つの税務署に行きましたが、午前中の北、西はそれ
ぞれ提出に30分以上かかり、南などは1時間かかりました。
覚悟して東に向うと、待ち時間なしという良く分からない状況。
いったいどうなっているのか・・

車の長い行列を見て思ったのですが、近い将来「ドライブスルー」の提出ができるように
なるような気がします。
効率はよくなると思います。
近年どこかの税務署で試験的に行われる・・・かもしれません。

ともあれ、何時間も並んで申告書を提出するくらいなら、返信用の封筒を同封して郵送し
た方が楽ですよ。

04/03/13
<終った!> No16
終わりが見えなかった最後の確定申告書が、11日唐突に終わりました。
提出期限が3月15日なので傍から見ると「ずいぶん早く終わったじゃない!」と思われ
るかもしれませんが、私にしてみると「結果的に終われた」だけの話でなんです。
運が悪ければ間に合わなかったかもしれません。
でも、「間に合わなかった」では済まされませんので毎日の残業でした。
自分の仕事ですので残業は苦になりません。
仕事が片付かない方がプレッシャーになります。

北海道新聞の夕刊に連載されている記事で、リストラされてから再就職が難しいというよ
うな体験談が掲載されています。
50歳位の管理職の方がリストラされて、職を探してみるもののなかなか見つからない。
しかも前職の年収の3分の1までハードルを下げても、という話でした。
たいていの人は収入に見合った生活をするので、「明日から収入が3分の1」では生活が
成り立たないでしょうね。

私の仕事は「自営業」なので、少なくても自分自身リストラはありません。
「忙しい」のも、「残業」もありがたいことなのだと改めて思いました。
とは言え、今年はもう所得税の確定申告書は書きません。

後は5月まで法人の確定申告が続きます。
やっと、これからが「本番」という感じです。
2〜3日のんびりして、気持ちを切り替えてから5月まで仕事をしようと思います。
「春」が待ち遠しい今日この頃です。

04/03/10
<残り1件> No15

個人の確定申告も残り1件となりました。
全部で何件の申告書を作成したのかは定かではありませんが、最後の方に残るのは難
しいものや、面倒くさいもので、最後の1件とは言えいつ終われるのかはいまだ未定で、
今のところどういう申告書ができるのかは自分でも分かりません。
せめてもの救いは「還付申告」であることです。
還付申告は3月15日を過ぎても問題なく受け付けてもらえます。

私の事務所は、個人の確定申告には余り力を入れていないので、今まで世間一般に想
像するような「大変な思い」をした記憶がありませんでした。
が、今年は例年になく忙しかったです。
仕事をした分だけ収入になりますので、「経営」という点においてはとてもありがたいので
すが、生身の身体ですので限界を感じている今日この頃です。
ともあれ、今日は久しぶりに8時に家に帰れました。
少しだけ「嬉しい気分」で本日の書き込みをしています。

PS:実はこの翌日「還付申告」ではないことに気づくのであった。

04/02/29
<アクセス数が1日で9226件> No14

どういう訳か一晩でアクセスカウンターの数字が9226件増えていました。
平均して1日7〜8件のアクセスだったので何か理由があるのでしょうねぇ。
まさか一夜にして超人気サイトになったわけでもあるまいし。
誰か理由を知ってる人がいるような気がしますが・・・
何が(誰が)原因なんだろう?

04/02/28
<遥かなる当別町> No13

今週末当別町のお客様のところへ伺うときのこと、天気予報では雪マークでしたが札幌
は朝から快晴。
が、途中から渋滞になり、ある地点を境に急に天気が崩れて吹雪になりました。
携帯で当別町のお客様に電話をかけたら、前が見えないくらいの吹雪とか、結局札幌か
ら出ることができずに引き返してきました。

実は20年ほど前に同じようなことがありまして、この時は当別町に行くことは行ったので
すが、帰りに猛吹雪に会いまして前が全然見えないは、見る見るうちに雪は積もるは。
あげくにバッテリーがだめになって車は道路の真ん中で動けなくなりました。
幸いにも後続車のパジェロの人がいい方で、牽引ロープで車を路肩まで動かしてくれて
札幌まで乗せてくれました。
普通なら1時間程度の道のりに4時間以上かかって帰ってきました。
後で分かったことには10年に一度の天気に当たってしまったようで、100台以上の車が
私と同じように動けなくなったようです。

2日後、レッカー車で車を掘り起こしに行きました。
かすかに車の一部が見えなければ、しばらくは雪に埋もれていたことと思います。
自然の恐ろしさを身をもって体験した1日でした。

04/02/25
<祝!開業3年> No12

2月に入ってからとにかく忙しいです。
新しいお客様の仕事が3件、それぞれ半年分くらいどーんと来たり、譲渡の申告(しかも
5名の共有財産で相続直後の譲渡)が急ぎで入ったりと時間の計算が立たない仕事が
かたまって来ました。
これに合わせて、通常の仕事と決算が3件。
どんな仕事も2度目なら難しくても怖くはありませんが、初めての仕事だけは「やって見
なければわからない」という怖さがあります。
しかもたいてい半年分くらいまとまってやって来ます。
十分な時間があればいいのですが、今時期に限らずそんなわけにも行きません。

今現在は法人の決算関係もだいたい片付いて、新規のお客様の最後の1件も2〜3日
程度で終われそうな感じです。
後は細部の確認と、書類の作成です。

気が付いたら、開業して3年経ちました。
幸運にも新しいお客様も順調に増えてきています。
そしてその新しいお客様達は、たいてい書類をため込んで私のところに来ます。
ひどい時には1年分ためて、「今月申告」ということもありました。
とは言え、程度の違いはあるものの、それなりに書類を用意してくれます。
そして、そこにある書類からどうやって数字を作っていくかを考えるのですが、この「方
針」を決めるのが大変なんです。
結構時間がかかります。
反面、その「方針」が決まると後は簡単でただただひたすら伝票を起こします。
が、これも時間がかかります。
最後に細部の調整をして数字が出来上がります。
「大変」な作業ではありますが、それは私とってとてもやりがいのある仕事で結構楽しい
作業でもあります。

04/02/22
<最初で最後のドリアン> No11

プラスの気温で雪が降るものだから、本日の札幌はべちゃべちゃの足元でした。
今年の降雪量は知りませんが、最近まとまった雪が降っていないのと比較的気温が高
いのと、さらに排雪のおかげで道路にはあまり雪がありません。
このまま春が来ることを願っております。
(夜半より翌日にかけて大荒れの札幌でした)

さてタイトルの「ドリアン」は果物です。
大きさは小ぶりのスイカくらいで、色は明るい茶色、全体がトゲトゲしています。
投げつけられたら間違いなくケガをしそうです。
今日近所のジャスコにこのドリアンを見に行きました。
1個2500円くらいで、果肉がひとつ400円くらいで売っていて買ってみました。
前評判は、臭いが腐ったたまねぎ、そして味がバニラアイスということだったのですが。
開封してみるとたしかにひどい臭い(ガス臭かな?)、そして味がこれまたひどい。
どのくらいひどいか形容できないくらいひどくて、我が子はこれを一口食べて吐きました。
私もたくあん程度に切って食べてみました。
一切れ食べて「不味い!」、最後かもしれないからもう一口食べてみましたが、やはり吐
きそうになってあわてて口から出しました。
本当に恐ろしい食べ物でした。
もう二度と口に入れることはないでしょう。

04/02/16
<機械の更新> No10

機械とはコンピュータのことです。
以前の機械は4年位前の機械でした。
電子申告など、諸般の事情によりリース期間満了を待たずに更新することになりました。
今現在私の事務所は、日本で最新の設備を備えています。
とは言え、自慢するというより「本当にいいのか?」という???という感じです。
通信に関しても近日中に光回線になるみたいだし(他人事のよう・・)、環境だけは近代
化が進んでいます。
自分でも「よくわからない」というのが正直なところです。
機械ほどではないにしても、自分も日々進化しなければいけませんね。
せめて今年中に、電子申告を実践してみたいと考えています。

04/02/15
<見つかったか> No9

事務所は普通のマンションにあります。
同じようにそのマンションに、会社も何件か入居しています。
先日事務所の女の子が、同じ階にある会社の方に「HP見ましたよ」と言われたそうで
す。
なんだか「うーん・・・」です。

昨年、税理士会の統一研修会で知り合った税理士の方からこのHP経由でメールが来
ました。
「ばれたか・・」

税理士会の広報の仕事をしている関係で、時々HPの話も出るのですが自分のHPの
話はした事はありません。
あまり役に立たない趣味の延長みたいなHPですので、できれば同業者の目に触れて
欲しくないような気がします。
これからも、「ひっそり」「こっそり」続けていきます。
とか、言いながらヤフーの検索サイトに登録していますしね。

04/02/12
<やっぱりあったか!> No8

東急ハンズに「お茶風呂の素」がありました。
事務所の女の子が見つけてきて携帯で写真を撮って見せてくれました。
5回分で350円だそうです。
粉末タイプで効果は消臭殺菌、しかも浴槽がきれいになる(?)おまけ付でした。
やっぱりあるんですね。

わざわざ買いに行かなくても、お手許の茶葉で試してみてください。
余裕があれば「玉露」なんかで試してみたいものですが、それも勇気が要りますね。
やはり1番安い煎茶か、茎茶、玄米茶なんかどうでしょうかねぇ。
二日酔いの朝などは、ほうじ茶のお風呂に入ったら気持ちよさそうな感じがします。
紅茶、ウーロン茶なんかはどうでしょう。

04/02/04
<お茶風呂> No7

お客様にお茶をもらいました。
飲用のお茶ではなく内装の塗料(?)に混ぜて使うという企画物の茶葉です。
本来の用に使えなくなったため「お風呂に入れてみてはどうでしょう」といただいたしだ
いです。
茶葉というよりは、茎の部分を乾燥させて繊維状にしたようなものです。

お茶に含まれる主な成分と効用は、カテキン・・殺菌、消臭、ビタミンC・・抗酸化作用、
風邪予防、食物繊維・・便秘予防、フラボノイド・・消臭、血圧上昇抑制、テアニン・・リラ
ックス作用等々。
ただし飲んだ時の効果ですので、お茶風呂にどの成分がどういう風に作用するのかは
?です。
殺菌とリラックス効果くらいはあるのかもしれません。

3日ほどお茶風呂が続いて感じたことなのですが、発刊作用とお風呂上りにポカポカし
た感じがします。
子供と一緒に入ってついつい長湯しているせいかもしれませんが。

で、考えました。
お茶風呂に入ったことのある人はいるのだろうか?
そもそもお茶風呂はこの世に存在するのだろうか?
今年あたり「ツムラ」とか「カネボウ」から「バスクリンお茶」とか「日本の名湯お茶」とかが
発売されるのではないだろうか?
今のうちに「実用新案権」を取っておこうか。

04/02/03
<名刺> No6

本屋さんに行ったら「こんな税理士が会社をダメにする」という本を見つけました。
著者は税理士でタイトルに惹かれて買ってしまいました。
同業者として耳が痛くなる部分もありますが、共感できる部分や声を大にして言いたい
(でも言えない)部分などもたくさんあり、とても面白いです。

税理士を必要とする方、現に税理士にかかっている方に対するアドバイス的な内容で、
かつ、私のような一般試験で税理士になった人の「?」にも答えてくれる内容でもありま
す。
全体的に私が普段考えていることを代弁してくれているようで、普通の人が手に取るよ
うな本ではないにしても、多くの人に読んで欲しいです。

その中でも面白かったのが「名刺」の話です。
実は本の中に書かれているとおり、税理士になるのにはいくつかの方法があります。
いくつかに分類すると次の通りです。
@税務署のOB(税務署に23年勤めると資格が与えられますし、他にも優遇制度あり)
Aダブルマスター(大学院を2つ卒業すると試験が免除される)
B弁護士、公認会計士(申請すれば登録されます)
C一般試験
で、この本の中で税理士の経歴を見分ける方法の一つとして名刺による見分け方が紹
介されていました。
絶対ではありませんが、うなずける部分もありましたので紹介します。
@縦書きで明朝体。税務署時代の名残で、事務所の住所とともに必ず自宅の住所が入
っている。だからと言って24時間納税者からの相談を受け付けているわけではない。
もし日曜日の夜にでも自宅に電話でもしようものならこっぴどく叱られるだろう。
付け加えると、名刺の裏には「○○会会長」といった関連団体の役職が書かれているこ
とが多いが何かの役に立つのだろうか?。税務署時代の役職を自慢する人もいるらしい。
A特徴のない名刺。試験を受けていないという「負い目」があるためかどこか控えめな名
刺。おとなしく穏やかに話し、どこか自信がなさそうに感じる。
B横書きの名刺。横書きが多いのは監査法人時代の名残か。肩書きは必ず弁護士、公
認会計士が税理士より前に書かれている。それだけ税理士よりエライという意識の表れ
だろう。名刺の裏にはたいてい英文が印刷されているが、その必要性がはたしてあるの
か?
Cやたら多い宣伝文句。縦書き、横書き、いろいろあるが、やたらと宣伝文句が目立つの
が特徴。自己主張が強く、名刺の裏には経営に対するウンチクが事細かく書かれていた
りする。「目立とう意識」が強く表れ、カラフルに色がつけてあったり非常に凝った名刺が
多く、一番「税理士」のイメージと異なる。プライバシーを守るという意識が強く、自宅の住
所等は名刺に入れていないが、携帯電話の番号は入れている。

ちなみに、私の経歴はCですが、名刺は横書き、明朝体、白黒、事務所の名前住所のみ
という、いたってシンプルなものです。
が、次回名刺を作る際には参考にしたいと思います。

04/01/27
<雪> No5

この季節になると雪のせいで、日に日に道路が狭くなってきます。
昨夜排雪が行われたようで、今朝の道路は広々としていました。
例年雪祭り前に排雪作業が行われる札幌市内ですが、悲しいかなたいてい直後に大
雪が来ます。
気のせいかもしれませんが私はそう感じています。
そして、ふと外を見るとさっそく雪が降っています。
相当降っているようで、あっという間に一面真っ白です。
このまま降り続けると、明日の朝はすごいことになっているだろうなぁ。

江別のお客様でもう70歳近い方がいるのですが、雪が降ると朝早くから重機で除雪を
しています。
12月にお伺いしたときに「あと3ヶ月で冬も終わりだよ」と言ってました。
「物も考えよう」と思うと同時に、そういうお年でこういうことをサラリといえることに、妙に
感心してしまいます。
偉い人だなぁ。

04/01/21
<交通指導> No4

子供が小学校に上がると、父兄は何かひとつ役割が当たります。
すべての小学校がそうなのかは分かりませんが、娘の通う小学校はそうなっているよ
うです。
そして我が家はそういう役割はお父さんが担当します。
「拘束時間がなるべく短いもの」という基準から交通指導を選びました。
交通指導と言ってもなんて事はない、要は通学路で黄色い旗を持って子供たちを安全
に道を渡らせるだけのことです。
そしてその当番日が今朝のことでした。

いつもより少しだけ早起きしていっぱい着込んで出かけましたが、大寒の割にはたいし
て寒くもなく比較的穏やかな朝でした。
学校に旗をとりに行って7時50分から8時半まで勤めを果たしてきました。
「おはよう」って声をかけるとほとんどの子供が「おはようございます」っていうんですね。
今の子供たちって挨拶もできないのかな?って思っていたので驚きでした。

知っている子供たちとちょっとお話したり、知らない子に「何年生?」って聞いたり。
それはとても楽しい時間でしたし、なんだか「元気」をもらったような気がします。
そういう子供達って不思議な存在です。

04/01/12
<いまどきの仕事> No3

正月明けは5日から通常業務をしています。
年末調整にかかる源泉所得税の納付が1月10日(今年は暦の関係で13日です)です
ので、それまでに年末調整を終わらせて源泉の納付書、1人別の源泉徴収票と還付金
額をお客様に渡さなくてはなりません。
とは言え、毎月の給与に変動がないお客様などは年末までにすべて終わらせてしまい
ますので、持ち越すのは年末に12月分の給与が確定するお客様で、これが全体の1〜
2割程度でしょうか。
書類の提出は月末までですので、これから先の仕事になります。

通常の会計(記帳)業務も、急ぐものから順次片付けていきます。
休みが長いせいで、「急がない仕事」も結果的に「急ぐ仕事」になってしまいます。
どの仕事にも期限がありますし、それが仕事なのだとも思います。

実はもうひとつとても急ぐ仕事があるのですが、それは自分の確定申告です。
通常確定申告といえば、2月16日から3月15日と決まっているのですが、還付申告は
年が明けたらいつでも提出できます。
税理士は収入の1割が源泉徴収されるよう法律で決まっています。
例えば5万円の収入があると手取りは4万5千円です。
ですから、ほとんどの方が還付申告になるのだと思いますし、私もそれは例外ではあり
ません。
しかもこれが結構な金額になりますし、ちょうど資金的にもつらい時期となるとなおさらで
す。
隙間の時間を利用してコツコツ自分の確定申告書を作成している今日この頃です。

04/01/07
<アクセスカウンター> No2

アクセスカウンターを見てびっくり。
2000くらい数が減っているのです。
このアクセスカウンターはただでもらってきたもので、以前にも1度壊れたことがあります
が、それにしても数字が減るのも「なんだかなぁ」という感じです。
コツコツ貯めたへそくりが使い込まれたような気分です。

昨日新たにアクセスカウンターをもらいに行きましたら、理由が分かりました。
ハードドライブとバックアップドライブがともに壊れてしまい、古いバックアップドライブから
の復旧をしたためデータも古いものになったそうです。
で、カウンターの設定数字を入力したのですが、今度は私の勘違いにより実際のアクセ
スより400くらい多い数字を入力してしまったようです。
他人のHPのカウンターを気にしている人っていないとは思いますが、ちょっとだけ詐欺を
働いたような気分です。
どうせ数字を水増しするのなら、1桁増やしてみるのも面白かったかな。

04/01/02
<新年> No1

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
皆様にとりましても、すばらしい1年になりますようお祈り申し上げます。

新年を迎えて、昼と夜の区別のつかない生活をしております。
眠くなったら寝て、目が覚めたら起きる毎日。
特別外出の予定もないので4日までこの生活が続きますが、仕事始めの5日にいきなり
佳境を迎えるのは毎年のこと。
その日の夜には何事もなかったかのような「普通の生活」に戻ります。
いきなり正月が終わっています。
そして5月まで仕事に追われるのが、税理士事務所のようです。